2011年09月30日

「気合」は痛みを凌駕するA

なぜ「気持ちを強く持つ」と良いのか?

それは同じ過酷な状況でも、感じ方が、「辛い」から「キツいけどイケる」若しくは「何でも来い」くらいに変わるから。

例えば、大きな岩山があったとする。その中心部に金塊が埋もれている確かな情報を得た。

貴方は徹夜で全力でその岩山をハンマーで粉砕し、金塊に辿り着く。

アントロープキャニオン.bmp

極限まで体を全力で使い果たすだろう。息もゼイゼイに上がるだろう。汗も大量。筋肉はパンパン。

でもその時に「辛い・・・」って思うだろうか?

いや、思わない。

自らの超強力なる意思と希望で全力で岩山を粉砕しに掛かっているからだ。

「辛い」なんて気持ちを忘れている。

「確かにキツいっちゃ、キツいけど、まだまだイケる。やるしかない!絶対に金塊を得る!」

岩山を粉砕し終わり金塊にたどり着くまで、休憩を挟むかもしれないが、エネルギーは決して尽きることを知らない。

自ら求めて困難に立ち向かう時、人は、「辛い」とは思わないし、感じない。

無我夢中で攻めるだけ。

そして、「強い気持ち」を持つ事で困難を乗り切れるだけのエネルギーが不思議と与えられる。

f0050534_653781.jpg

もしこの岩山が大ヒット漫画(アニメ)の「カイジ」などのような強制労働の現場で現場監督にムチを持って嫌々徹夜で金塊に辿りつくまで、ハンマーで粉砕作業しなければならないとなうとどうだろう?

誰だって「辛い」し、「逃げ出したい」に決まっている。

でも百歩譲って、この岩山がそのカイジの強制労働の現場だったとして、貴方はこう思う。

「しょうがない。やるしかない・・そうだ・・本気でやればそれはそれは強靭な肉体が手に入れる事ができるだろう・・体を鍛えるのだ・・よし、全力で鍛えよう!」

と思う。

するとこの強制労働の中でさえも、活路を見出し、自ら求めて困難に立ち向かう為、すでに「強制労働」ではなくなっており、「辛い」なんてことは感じなくなるだろう。たとえ、「過酷」で「キツい」という事実は変わらないとしても。

be268501.jpg

「辛いよ・・逃げ出したいよ・・」って思いながら何かと闘うって最高に辛いよね・・

「気持ち」さえ強く持てば精神的にも、肉体的にも全然変わってくるから不思議だよね。

一度、その時に「気合」で「体」と「気持ち」を奮い立たせて沸騰させればその後は常に全力出さなくてもいい。その流れで突破できる。

瞬時に覚悟を決め、腰に力を入れる。

その後は厳しさが5レベルとしたら8レベルくらいの「気持ち」で乗り切れる。

一度、思いっきり奮い立たせよう!




1126uglydog.jpg

人気ブログランキングへ
posted by スティーブ高宮 at 17:28| 強い精神を得る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「気合」は痛みを凌駕する@

「気合」。

まあ、もう、使い古された、当たり前すぎの言葉ですね。

しかし「気合」こそすべてですよね。

もう一度、深く、考えてみましょう。

flex2.jpg

例えば、貴方が、空手をやっていて、今日は体調が悪い、休みたい、

でも、貴方は道場に「押忍」の精神で行ってしまったとする。

でも「気持ちが弱いまま」行ってしまった。

「・・・ちょっと待てよ・・今日の合同稽古いつにも増してキツい・・というか辛い・・・

相手の打撃がいつもより痛い・・休めば良かった・・帰る訳にはいかない・・どうしよう・・」

こんな日、こんなシュチュエーションって人生にはある。

そんな時、貴方だけは違います。

なぜならば貴方には「気合」があるから。

その日の稽古の肉体的精神的激しさが8レベルであったとします。

貴方は9.もしくは10の「気合」を発揮するんです。その段階で。

「とことんのトンまでやってやる!俺は全力を出し切るんだ!俺のエネルギーは無限だ!

気絶しようがどうなろうがやってやる!やりきってやる!」

って貴方は思うんです。

すると逃げ出したかった稽古が全然こなせる精神状態になりました。

何かが「辛い」とか「逃げ出したい」って状況が世の中には急にあるもんだよな・・

そんな時、瞬時に気持ちを強くもち「何でも来い!どこまででもやる!全然まだまだ余裕!」

って思ってください。思うだけで不思議と乗り切れるエネルギーが沸きますから。

bcde99dc.jpg

だから昔の人は「気合」の重要性を説いたんだね。

ここで「気合」という漢字は気が合うと書いて・・・というウンチクは無い。

気持ちを強く持てば肉体的な痛み、精神的な痛みはほとんど無い!

痛みはあったとしてても「辛く」はない。「気合」が上回っていれば。

素晴らしい!

反論は絶対に認めない!

以上!



人気ブログランキングへ
posted by スティーブ高宮 at 16:24| 強い精神を得る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月28日

心の掃除A

・大自然の中に行く。

・お気に入りのカフェとかレストランでまったりする。

・究極に好きな音楽を聴く。私はenyaのcaribbean blue とか storms in Africa とかが効く。

o0640048010171951014.jpg



私にとっては、『世界人類が平和でありますように』という言霊を唱えるのが最強に心の掃除になる。私は心の中で一日に多分1000回くらいは唱えているかもしれません。

これは『科学』です。もう脳波から癒される。頭痛が取れる感覚。つねにこの世界平和の祈り言葉で常に常に常に『心の掃き掃除』を私はしています。祈りの中に煩悩を溶かし込んでいます。

一遍上人のように『南無阿弥陀仏』を百万回でもいいのですが、今は自分や家族だけじゃなく、自分や家族を含めた『世界の平和』を祈ることで宇宙から究極のエネルギーが流れ込むという、『個人人類同時成道』の、地球の神々と宇宙神(創造主)との『約束事』があります関係で。世界の平和を祈るのが一番、個人を癒します。そして、世界の平和こそ全てだと私は真剣に思っています。



宇宙究極第6の伸び.png



↓ブログランキング励みになります!
人気ブログランキングへ

posted by スティーブ高宮 at 20:23| 精神の高め方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月27日

悪い癖をやめ、よい癖をつける方法

ずばり『習慣化』する事である。

『習慣化』されると悪い癖もよい癖もどちらも日課になり、なんとなくそれをしないと落ち着かなくなってしますのである。人間とは。

mbd20134_wm.jpg

だから貴方が目標に向かって何か努力し続けたいなら、その何かをひたすら毎日自動的になるくらいに『習慣化』させ、

「歯を磨かないと気持ち悪くて眠れない」

「家に帰ったらとにかくシャワーを浴びないと気持ち悪い。」

「毎日15分でも運動しないと気分が優れない。」

くらいにすればいい。

悪い癖も実は本当は欲してないのに『習慣化』されているのでそれを欲してしまうと勘違いしているので、それを何らかの代替方法で解除してあげればいい。

タバコも酒もすべて習慣化されて「欲している」と勘違いしているだけ、いつもタバコや酒を吸

タイミングでこれからはコーヒーを飲むとかリンゴジュースを飲むとか、すきなグルメを食べ

るとか『脳のすり換え』を行うといい。癖とは惰性なのだ。

『習慣化』こそ人生をよくするキーワードだ。


人気ブログランキングへ
posted by スティーブ高宮 at 20:39| ライフスタイルを変える! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。