2011年10月16日

鼻うがいのススメU

それではいよいよ「鼻うがい」のやり方をご説明致します。

その前に、一つ忠告があります。

よく巷に溢れている方法論で、「塩水を使ってやると鼻が痛くない。」とか、

「コップに水を入れて、頭を仰向けにして、流し込む」とか、色々ありますが、

断言します。

そんなアマチャンなやり方では一生鼻うがいはマスターできません!

鼻うがいはもっと簡単。顔を水で洗うのと同じ動作、同じ秒数で出来ます。

つまり私のような上級者になれば他人に鼻うがいしているとまったく悟られない、顔を洗っているふうにしか見えない境地にまで上り詰める事が可能なのです。

それでは、いきます。

〜〜〜〜〜〜〜鼻うがいのやり方〜〜〜〜〜〜〜〜

まず、服を脱いでください。

次に、パンツを脱いでください。

次に、洗面所に行き、目薬を持ってきてください。

そして、目をよく洗ってください。

目をしっかりと見開いて、私のブログ読んでください。

それでは本当にいきます・・・。

sengan.jpg

鼻うがいのやり方

1.風呂と一緒に、若しくは、洗面器の前に立つ。

2.お風呂に入るくらいのぬるま湯を蛇口から出す。

3.顔を洗う要領で両手一杯にぬるま湯をすくいます。

4.顔を洗うのと同じ動作で両手を顔の前にもって行きます。

5.両手一杯のぬるま湯を全て全力で鼻から吸ってください。

6.鼻の奥と喉の奥の通路で一端ぬるま湯が止まります。(上級者は自在に操作可)

7.その奥の通路でブランコが一回転する勢いをつけるように「グァーっ!」とすると
  ゴミが巻き上げられ効率よく浮き上がります。
(上級者になれば無音で出来る。素敵だね!)

8.あとはブランコ一回転してきたぬるま湯は自然と口から大量に吐き出されます。
  (絶対に気道に入らないようになっているのでご安心あれ)

9.1〜8で一回とカウントし、一度に最低3回はやりたい。1回目は上級者でも鼻の中の
  空気圧が外気圧より高い状態にあるため、若干やりにくいが、二回目からはガバガバ い け る。

※鼻うがいの後、ブランコ一回転しなかったぬるま湯が鼻から排出されることになるが、その際、絶対に鼻をかんでは駄目だ。耳が物凄く痛い。これは関連しているからだ。鼻をつまむなどして排出するように。

以上である。

最初は、私も「これは人間がやるものじゃない・・」ってくらい鼻がカキーンと痛かったが、そんなものはこのやり方で一週間もしない内にまったく痛くなくなる。

早くマスターしたいなら一日に朝晩の2度でもやり、一度につき10回くらいガバガバやってればすぐに鼻の「処女膜」が開通する。

私の鼻はまるで掃除機のように大量の水を瞬時に吸い上げ口から吐き出すことができる。これが人体の正常な機能であろう。

私は朝起きた時洗面器での目洗い、鼻うがい。外出から帰ったら、よりリフレッシュ&リラックスするために風呂と鼻うがいを欠かさない。ホコリを除去。やらないと気持ち悪いのだ。

絶対に一生365日変わらない習慣であろう。


Love_Blooms_Roses,_Bunch_Of_Flowers.jpg

最後に言おう。

鼻うがいを実践していない者は日常生活におけるスッキリ度の30%を失ってしまっている。

鼻うがいの素晴らしさを是非貴方に伝えたい・・・

さあ、貴方も、禁断の「鼻うがい」の世界に足を踏み入れてみてはいかがだろうか?


↓今日は参考になった!と思ったら、押してください。
人気ブログランキングへ





posted by スティーブ高宮 at 21:12| 肉体の健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鼻うがいのススメT

貴方は「鼻うがい」を知っていますか?若しくは実践した事がありますか?

解説します。

「鼻うがい」とは、風呂、洗顔、うがい、歯磨き同様、必ず衛生のために、

毎日繰り返し行う必要がある習慣であると私は思います。

創造主が人体を創造する際に必ず毎日「鼻うがい」をするようにプログラミングしていた・・

と私は信じて疑わない。それが「鼻うがい」です。

私が「鼻うがい」を始めたのは8年くらい前、花粉症に悩み、家に帰っても、花粉が鼻から抜け切れ
ずに辛くて悩んでいたときにテレビで情報を得てやり始めました。

あまりにも超絶にスッキリし、のど飴の『HALLS』を鼻に仕込んだような強烈ハッカ作用が水で「鼻うがい」するだけで瞬時に得られるので、本当に感激しました。

b08e6214.jpg

家に帰って「鼻うがい」さえすれば、完全に花粉症から抜け出せる。だけじゃなく、幼い頃から慢性鼻炎で鼻から息を吸う事が一切出来ないある意味危険な状態だった慢性鼻炎もそれ以降
パッタリと治ってしまったのです!!

今では「鼻うがい」をしていて、鼻が通らない日が一年に一度もなく、常にスースーしています。

「鼻うがい」は鼻と喉の奥の上の絶対に触れる事のできない通路をキレイに大量の水で掃除します。その際、ゴミが出てきたりもします。

ただそのせいで、そこの通路に着床している風邪のウイルスなどが、実力を発揮する前に口から洗い出す事ができるのです。

私はつい先週、掃除機のホコリをゴミ箱に入れる際、思いっきりホコリを鼻から吸ってしまい、その日に限り、「鼻うがい」を忘れてしまったせいで、喉の奥から痛く腫れ上がり、3年に一度くらいしか風邪引かない私が、翌日はひどい風邪の症状の中、仕事をしなければならず、本当にギリギリでした。実は今年の正月も掃除機のホコリ交換で風邪引いてます・・今年は例外です。

しかし、その後、仕事から帰宅し、鼻うがいを何度も繰り返しました。

すると、痛くて唾も飲み込めない、まさに喉の奥の通路が水を流してやる事により、ドンドン洗い流され唾が飲み込めるようになるのです。

そうして一日かけて睡眠と鼻うがいを繰り返し、風邪を退治しました。

「鼻うがい」のやり方は本当に簡単です。顔を洗うのと同じ動作で同じスピードで出来ます。

長くなりましたので、やり方はUでお伝えします。


↓今日は参考になった!と思ったら、押してください。
人気ブログランキングへ
posted by スティーブ高宮 at 20:43| 肉体の健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。