2012年05月04日

<<伸び>>それは宇宙の秘法]〜最終章〜

それでは、2月から始まった<<伸び>>シリーズ、3ヶ月の月日をかけました。

第十回〜最終章〜を始めます。

<<第一の伸び>>ねじりのポーズ Spinal Twist Pose

第一の伸びライト.jpg


<<第二の伸び>> 万歳ポーズ Banzai Pose

第2の伸び 白黒調整.png


<<第三の伸び>> 鋤(すき)のポーズ Plow Pose

第3の伸び.jpg


<<第四の伸び>> 前屈のポーズ Forward Bend Pose

第4の伸び.jpg


<<第五の伸び>> 駐車中のポーズ Parking Space Pose

第5の伸びコピーライト.jpg


<<第六の伸び>> 体育座りのポーズ Sit&Think Pose

The Deep Sea of Your Mind.jpg


<<第七の伸び>> 火の鳥ポーズ Fire Bird Pose

第7の伸び.jpg


<<第八の伸び>>天地刻印 The light Worker

天地刻印ピラミッドロバート幾何学.jpg


究極の伸びの動き完成.gif


<<伸び>>を行う時、常に脊髄の導管空洞の眠気疲労物質を圧力加熱融解、血中溶解するイメージ THE Sleepy Fatigue Substance is going to Melt Down.
sea side mind.jpg



c SEA SIDE MIND Steve Takamiya.


なんにしても<<第七の伸び>>が現在の私にも最大の効果を発揮し続けてくれます。
必ず毎日やる習慣をつけ血流を常にサラサラに流すことが望ましいでしょう。
日中、眠たくなったら、やる。眠たくなる前に、やる、常に眠気を分解除去する。
朝起きたら、やる、寝る前にも、しっかりやる。一日に何度と無くやる。
つねに血流を流して肺胞を拡張し、心臓の負担を和らげスムーズにし、脳に酸素を供給しましょう。これら3つは同時に起こることであり、同じことです。

他の第六までの<<伸び>>は残りの『眠気疲労物質』をさらに血中に溶解除去するために、随時、やりたくなった種目を選んで行えばいいでしょう。<<第一の伸び>>ねじりのポーズと<<第三の伸び>>鋤のポーズと<<第四の伸び>>前屈のポーズは私が毎日一番頻繁にする<<伸び>>です。
 
ブログ開設以来、初めてコメント欄を開放します。
<<伸び>>に関して、質問、効果の報告、感想など投稿してください。
読者様とコミニケーションが取れる初めての機会になります。
気軽に、よろしくおねがいします。

私が開発、提唱する<<7つの伸び>>は呼吸法と共に安全に行えば絶大な効果を発揮します。
やり方を間違えば大変危険なものでもあります。
はじめての方は<<伸び>>シリーズ1より順に読んで、理論を理解して、体得してください。

皆様の日常生活が7つの<<伸び>>により、より快適でスッキリとした毎日が送れるようになることをお祈り申し上げ、SEA SIDE MIND、最大の社会貢献、
<<伸び>>シリーズの幕を閉じます。

長期に渡り、誠に有難うございました。



いつもクリック頂き誠に有難うございます。


posted by スティーブ高宮 at 05:04| Comment(8) | TrackBack(0) | <<伸び>>それは宇宙の秘法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。