2014年05月23日

【深層心理】他者へ発する思考、言葉の90%は自分自身を的確に表す。【真相真理】

今日は、私、スティーブ高宮がこの数年、現在の自分自身を知る方法として用いている、最高の方法をお伝えします。

それは、

【深層心理】他者へ発する思考、言葉の90%は自分自身を的確に表す。【真相真理】

ということです。
祇園精舎の鐘の音SEASIDEMIND.jpg

これは、心理学的にも証明されており、かつ霊的真理でもあるのです。

とにかく、面白いくらい自分のことを言っています。

常に、この法則に感心してしまいます。


例えば、貴方が職場の同僚の悪口を他の同僚に言うとします。


「あいつは、トロいし、ミスが多い。」

さて、冷静になって考えて下さい。


実は、貴方もトロくてミスが多いのです。

そう、思われています。

もしくは、あいつよりは、動きが速くて正確かもしれません。

でも、貴方は貴方の求めているレベルの中では、絶対に動きが遅くて、トロいのです。

だから、特に口をついて言葉が出てしまった瞬間に、「ああ、俺もトロくてミスが多いから、、つい口に出てしまったんだな!」

と自分自身の知らなかった至らない点に気づくことが大切です。


第七の伸びピカソ.png

                                                                  


貴方が他者を見て、思わず言ってしまう、感心してしまう。

「あの人、マジ凄い!信じられないわ!」

これも、貴方も凄いのです。

例えば、運動能力で感心すれば、貴方にも運動能力の素質ある。

人間は素質が無い物には、驚くほど無関心なのです。

だから、無感動、素通りです。

響かない。

そして、自分も凄いと自分で評価している証拠でもありますし、

見えないところで貴方を見ていてくれる人が、

貴方もマジ凄い!

と励ましている証拠なのです。

つねに、鏡なのです。

今まで、私、スティーブ高宮が自分の言葉を発した瞬間にハッとして、

あっ!これ完全に俺自身のことだ!

と思った詳細な言葉の内容が、今思い出せませんが、

とにかく、人間は良いことも悪いことも自分自身のことを棚に上げて、他者に対して言うのです。

良くも悪くも、素質があるから、相手の長所、短所がわかってしまうのです。

dezeen_Sensing-Spaces-exhibition-Royal-Academy-of-Arts.jpg


とにかくこのことを一年以上私はブログ記事にして皆さんと共感したいと思っており、

一年越しの思いでブログ記事にしています。

この法則自体は数年間意識して生活していますが、

驚くほど当たります。



そして、さらに突き詰めると、

貴方の思考の内容も、

あなた自身を表していますし、

あなた自身を表すようになりますので、

貴方が常日頃何を思考しているかまで

常に監視してチェックし、

ポジティブと美しい内容に変えていったほうがいいのです。

                                        

これは、心理学的には、自分の長所、欠点、自分の物差しでしか、人を観察できない、推し量れないという、

人間の価値判断の基準が自らの体験、自己評価に依存する性質に由来します。


さて、ここまでが心理学的な人間の話。【深層心理】でした。


The Deep Sea of Your Mind.jpg



ここからは、宇宙の法則の探求、そう、【真相真理】です。

霊的には、自分自身の鏡が自分自身の周囲だということになります。

そして、自分が発した言葉により、自分自身の欠点、長所をハッと気が付かせる、

これは、もうなにか崇高な力が働いているとしか思えないほど、

自分の他者に対する発言が自分を上から観察しているアドバイザーからの発言であると気が付くときがあります。


祈りimg_619080_21433852_1.jpg


とにかく、四六時中、常に、自分の発言、自分の他者に対する他者への評価の発言を、自分の出した口から、自分の想う心から、観察してください。

90%以上は、自分のことを言っています。

これは驚くべき的中率です。

Reflection-Field-at-Coachella-by-Phillip-K-Smith-III_dezeen_5.jpg
                                                           
また、宇宙の運行システムとして、自分が他者の悪口を言えば、それは自分も他者から悪口を言われる因を作っていることになりますので、

人の悪口を言う習慣がある人は気を付けなければなりません。



この世の中は、生まれ変わり、死に変わり、人の魂は永遠に生き続けます。

その悠久の時間の中で、自分が他者や世界にしたことは、


寸分たがわず、帳尻が合され、自分のもとに帰ってきます。



これは、厳しいほどの宇宙の法則であり、

宇宙の全自動コンピューターシステムから、貴方も私も決して逃れることはできません。

Reflection-Field-at-Coachella-by-Phillip-K-Smith-III_dezeen_3.jpg


そして、人間は絶対に「損をした。」ということがないのです。

「損をする。」はずがない、

寸分たがわず帳尻が合されるからです。



ですから、良い因を作るためには、

常に他者の長所を褒め、人の為に、社会の為に、一日一善、誰にも見られていなくとも、必ず宇宙が記録しています、

それらは、細胞の中のDNAの2重螺旋構造の中のA,T,G,C塩基対、コドンの配列の組み合わせの中、さらにミクロなレベルの中を探検した、アカシックレコードと呼ばれる領域に全て記録されています。

DNA_Repair.jpg

これらは細胞生物学、素粒子物理学において近い将来必ず証明されるでしょう。

人体と宇宙の記憶能力というのは、人間の想像を遥かに超えています。
人間の心の中で何を思ったか、どんな心境でそれをしたのか?まで全て記録され、映像として、再生できるのです。



ミクロな量子力学はマクロな一般相対性理論へと繋がります。

ミクロな原子は、中心に原子核(陽子と中性子)がであり、その周囲をそれぞれ決まった数の電子が配列を組んで回っています。
原子.jpg



原子の中心核は太陽であり、外を回る電子は惑星です。

そして、ミクロな原子(銀河系≒太陽系)が沢山集まってマクロな宇宙を創っています。

soler system.jpg

ミクロのを探るとその中にマクロの縮図が存在します。

これは、宇宙の全自動コンピューターシステムを創り上げた、プログラマー(創造主)の意思があったのではないだろうか。

宇宙のプログラミング言語を読み解く翻訳者達に対するヒントでもあり、

ミクロとマクロの相関関係が宇宙運行システムの鍵をなすものであるのではないだろうか。


それと同様に、人間(脳)は宇宙の縮図です。

脳の構造は宇宙の構造にリンクしています。

脳と宇宙.jpg


貴方の脳が、他者や世界、そして宇宙を見るその目が、実は他者、世界、宇宙から見た貴方だとも言えます。

ミクロな人間の貴方。

ミクロな人間(他者)が集合した世界、それがマクロな宇宙。

ミクロな貴方の頭の中(原子の構造)は、

マクロな他者の集合の世界から見た自分(銀河、宇宙)とリンクしています。

人間宇宙.jpg

アインシュタインは、この不思議な共通点に注目し、ミクロとマクロを同時に説明する宇宙統一方程式の解明に晩年を捧げたのです。


貴方が批判していた他者(宇宙、銀河系=他者の集合)は、

実は、貴方自身だった!


自分の心が何を思っているか、常に耳を澄まして、自分自身では知り得なかった、自分自身の欠点に気付き、直していきましょう。

貴方が他者を批判して、怒っている、

究極の伸びの動き6.jpg

それそのままの感情を宇宙(他者の集合=実は自分)は

貴方に対して批判して怒っている。


もしかしたら、それは、少し過去のことかもしれない。

でも、一度放たれた貴方の行為、思考、言葉は、素粒子として宇宙を盛大に駆け巡り、

貴方の元にブーメランして帰ってくる。


貴方が放った素粒子は、貴方特有の菌を持ち(抗原)、振動数があり、情報は暗号化されて宇宙へ送信されている。

解読 宇宙.jpg

だから、それを受け取り、解読できる能力(抗体)を持つのは、貴方だけなのだ。

これは、ミクロな人間の体内で起こる抗原抗体反応、そう、体液性免疫。


人間の体内で生成、分泌されるホルモンなども、血液に乗り、全身の臓器、器官を駆け巡るが、素通りしまくって、特定の標的器官にしか作用しない。


ホルモン と 標的器官の受容体。

抗原 と オーダーメードされる抗体。

暗号化 と 解読。

鍵穴 と 鍵。


key colerful.jpg

さて、マクロな宇宙では、貴方が出した、行為、想念、言葉は、宇宙を一周して、

必ず正確に、等量、寸分違わず、貴方の元に帰ります。


それは、地球を1秒で七周り半する光速、


もしくは光速を超えるニュートリノ、これはタイムマシンの技術、

そう、時間を超越して貴方が、鍵を持っているから、貴方が受取る。


テトリスのように、パズルのように、

軽やかに、滑らかに、


天文学的な数値の多種多様な突起物を持つ貴方の鍵穴に、

貴方の鍵は戻ってくる。


もしくは、海の水滴のように、南極や北極近辺で、はるか深層に潜り込んで、また地球の同じ海の表層に同じ水滴が戻ってくるのに、何億年と掛かる、

sea water circlation.jpg

何億年もかかって貴方に戻る。

宇宙に出てしまえば何十億年、何百億年も、戻ってくるのに掛かる。


必ず戻る。


だって、これは、科学だから。


スマートフォンの電波(電磁波)は見えない。

同様にして、私たちの行為、思考、言葉も磁気を帯び、電磁波としての性質を持っている。


そう、電磁波もさらにミクロになると素粒子だ。

電磁波も素粒子も、目に見えないけれど、力を持つ、科学。


人間の魂も、幽霊だって、素粒子レベルでは重量を持つ。

現在のテクノロジーでは、まだ計測するには、細かすぎる物質量だ。

そもそも質量が無ければ、存在しないって誰が決めたんだ?

目に見えないからって存在しないって誰が決めたんだ?

電波(電磁波)も空気も、目に見えず、絶えず貴方の周りを回ってる。

すでに、全ての素粒子は貴方の周囲に存在し、

何を貴方が受信するかが、貴方の人生での出来事の一つ一つなんだ。

だからこそ、周波数を高め、アンテナを磨き、いいものを受信する。


だからこそ、正確に、帳尻が合されて、全ての物事は貴方の元に帰る。

だからこそ、自分の行為、想念、言葉には責任を持たないと、忘れた時に帰ってくる。


因果は巡る。


貴方が死んで、生まれ変わって、また地上に降りてきても、

貴方特有の素粒子の振動数は変わらない。

感情 宇宙時間.png


貴方が地球上で発した行為、思考、言葉は全て素粒子(地球上最少粒子、全ての物質は素粒子という同じ粒子から出来ている。)としての性質を持ち、

貴方が死んで、あの世で500年暮らしている間も、地球上、宇宙を駆け巡る。

もしくは、神の粒子と呼ばれるヒッグス粒子(ある密閉真空構造において出現するとされる素粒子)は、次元を超えて、あの世まで、貴方の元に出現するかもしれない。

神の粒子は、必ず貴方の元に舞い戻る。

時空を超越して、舞い戻る。


貴方しか、その素粒子を受け取れない、鍵を持たない、受容体をもたない、解読できないから。

God Particle Elements Sphere.jpg

そして、付け加えると、貴方は貴方特有の磁気を持つ。

その磁気は、電磁気でもあり、貴方の受け取るべき磁気を引きつける。



宇宙の神秘は果てしない。

君と僕との真剣勝負。

惑星と惑星の不可侵条約。

それは、人と人との一定距離間。

それは、僕と君と時空との化学反応。

精神と時の部屋で耳を澄ませて、省みる。

dezeen_Skyhouse-by-David-Hotson-and-Ghislaine-Vinas_23sq.jpg



さて、、、、

話が素粒子論にまで及んだからには、宇宙を一周して、やっと本題に戻りましょう。

自分の思考と言葉をしっかりと解析して、自分自身に向けられた思考と言葉であったと理解したならば、

次は、見えてきた自分の欠点、これを直していきたいですね。


この10年、特に感じていること、欠点こそ改善に努めれば、

一転して最大の長所になり得る可能性を不思議なほどの確立で秘めていること。

欠点というのは、一生懸命改善に努めるからもありますが、

それ以前に、もともと長所に化ける素質を持っている箇所だということです。

欠点こそ未来の輝く可能性です。

欠点というのは素質です。

ダイヤの原石です。

そう、君も僕もダイヤの原石。


私達人間は死後49日間のバルドーの期間に霊魂は地球に滞在し、自分の一生を映像として記録されたものを全て見て、自分の良心の下に自分の行先を自ら決めます。

裁くのは、自分です。

もう、何も、隠せないのです。

Internet-connected-cars-will-give-you-superhuman-powers_dezeen_sq.jpg
                                                                        

自分の未来の為に、良いことを想い、良い言葉を発し、良い行いをしていきましょう。


やらぬ善より、やる偽善です。

偽善でもやり続ければそれは本物です。



悪口ではなく、いい口言っちゃってください。

それでは、貴方に、この動画をプレゼント。




いい口言っちゃってください。

これからは。


自分の発する、想い、言葉が鍵です。


Animated-GIF-Photography9.gif



ここまで書いて気が付きました。
全部、僕は僕自身に対して、この記事とSEA SIDE MIND を書いているんだなぁ!

banner (5).gif

posted by スティーブ高宮 at 01:22| Comment(24) | TrackBack(0) | 霊的真理の探求 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。