2011年10月16日

鼻うがいのススメT

貴方は「鼻うがい」を知っていますか?若しくは実践した事がありますか?

解説します。

「鼻うがい」とは、風呂、洗顔、うがい、歯磨き同様、必ず衛生のために、

毎日繰り返し行う必要がある習慣であると私は思います。

創造主が人体を創造する際に必ず毎日「鼻うがい」をするようにプログラミングしていた・・

と私は信じて疑わない。それが「鼻うがい」です。

私が「鼻うがい」を始めたのは8年くらい前、花粉症に悩み、家に帰っても、花粉が鼻から抜け切れ
ずに辛くて悩んでいたときにテレビで情報を得てやり始めました。

あまりにも超絶にスッキリし、のど飴の『HALLS』を鼻に仕込んだような強烈ハッカ作用が水で「鼻うがい」するだけで瞬時に得られるので、本当に感激しました。

b08e6214.jpg

家に帰って「鼻うがい」さえすれば、完全に花粉症から抜け出せる。だけじゃなく、幼い頃から慢性鼻炎で鼻から息を吸う事が一切出来ないある意味危険な状態だった慢性鼻炎もそれ以降
パッタリと治ってしまったのです!!

今では「鼻うがい」をしていて、鼻が通らない日が一年に一度もなく、常にスースーしています。

「鼻うがい」は鼻と喉の奥の上の絶対に触れる事のできない通路をキレイに大量の水で掃除します。その際、ゴミが出てきたりもします。

ただそのせいで、そこの通路に着床している風邪のウイルスなどが、実力を発揮する前に口から洗い出す事ができるのです。

私はつい先週、掃除機のホコリをゴミ箱に入れる際、思いっきりホコリを鼻から吸ってしまい、その日に限り、「鼻うがい」を忘れてしまったせいで、喉の奥から痛く腫れ上がり、3年に一度くらいしか風邪引かない私が、翌日はひどい風邪の症状の中、仕事をしなければならず、本当にギリギリでした。実は今年の正月も掃除機のホコリ交換で風邪引いてます・・今年は例外です。

しかし、その後、仕事から帰宅し、鼻うがいを何度も繰り返しました。

すると、痛くて唾も飲み込めない、まさに喉の奥の通路が水を流してやる事により、ドンドン洗い流され唾が飲み込めるようになるのです。

そうして一日かけて睡眠と鼻うがいを繰り返し、風邪を退治しました。

「鼻うがい」のやり方は本当に簡単です。顔を洗うのと同じ動作で同じスピードで出来ます。

長くなりましたので、やり方はUでお伝えします。


↓今日は参考になった!と思ったら、押してください。
人気ブログランキングへ


posted by スティーブ高宮 at 20:43| 肉体の健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。