2011年11月06日

背筋を伸ばそう。

まず、服を脱ぎます。

次に、下着を全て脱ぎます。

次に、手鏡を持ち、全身鏡の前に行きます。

後ろ向きになり、手鏡で後ろの全身鏡に映る背中とお尻を見てください。

Q,貴方の背中は、自分でうっとりするほど美しいですか?

ハイ。私の背中は自分でうっとりするほど逆三角形で筋肉のアルプス山脈で覆われている為、美しいです。

なぜならば、私は、気が付いた時は、背筋を伸ばしているからです。


flex1.jpg

背筋を伸ばそう。気がついたら、伸ばそう。

恥ずかしがらずに気が付いたら伸ばそう。常に伸ばしていよう。
最近、特に思う。

「人生とは背筋を伸ばす競技である。」と。

私は1日に12時間以上勉強等をする日々を過ごしているが、

背筋を伸ばしてないと仕事にならない。作業にならない。集中力がでない。スタミナが続かない。

背筋を伸ばさないと腹を下す確立が高い。

また背筋を伸ばしていると正しい思考ができる。

曲げているとグジュグジュの思考や気持ちになる。

脊髄で血流が抑制され、脳に酸素が行かない為、ネガティブな気分になり、

体調も悪くなる。胃腸の働きにも関係してくる。

万病の原因は腸(内蔵)にあるという医者が沢山いる。

では腸や内蔵の働きを活発にするには何が必要か?

ひたすらひたすら背筋を伸ばすことである。

便通が改善され、血流が流れる為、脳に酸素がダイレクトに行き、断然、疲れにくい。

女性はこの点、非常に優れている。

一日中背筋を伸ばしている女性はとても多い。

図書館などで背筋を伸ばしたまま、一度も席を立たずに6時間くらい勉強に集中し続けている

女性をよく目にする。

背筋を伸ばしているから血流がサラサラで脳に酸素が供給され、疲れにくいからだ。

背筋を曲げて座ると楽なようですぐに血流が止まるために酸素が脳に行かず疲れるし眠くなる。

また人間座った状態の時、背筋を伸ばそうが、曲げようが、必ず、どこかの筋肉で上体を支えなければならない。だったら背筋のみを伸ばすのがお得だ。

背筋を曲げていると、楽なようで余計な筋肉を使う。そして、頭というとても重いものを無理に支えなければならない。

f0137354_023998.jpg


筋トレ等で背筋を重点的に鍛えてもやはり駄目だ。

日頃の生活の中で常に常に背筋を伸ばし、鍛えていかないと、駄目であると、経験から分かった。

背筋を良くするための腰に巻く分厚いベルトや矯正サポーターに頼っていても駄目だと経験から分かった。

自分自身の力で、尾骨のあたりから、しっかりと背筋を伸ばす。

「腰」は肉体を現す、「月」に「要」と書く。

昔から、肉体の中で一番重要な筋肉の一つなのである。

上半身と下半身を接続するボルトのような筋肉であるため、

スポーツにおいて一番重要な筋肉である。

昔、私はバーベルスクワット200kgという成人男性の2〜3倍の重量を挙げていたが、

ウエストに分厚いウエイトトレーニング用のベルトを巻く。

バーベルスクワットは脚だけでなく状態の200kgの重量を支える背筋の下部が重要で傷めやすい。

それ以外にも背筋だけのトレーニングも数多くこなしたが、

それら全てを経験して、結局、常日頃、背筋を伸ばしていないと背筋が使い物にならないと悟った。

一度、なかなか気が乗らず、ウエイト用の分厚いベルトは巻いたものの、

背筋を伸ばさずにバーベルスクワットを行った時にギックリ腰になり、大変なことになり、

その後一週間歩行できなかった。

腰を壊す人間やヘルニアの人間はこのような日頃から背筋を伸ばす事を怠っているため、脊髄やとくに尾骨のデフォルトの角度が違ってしまっているために、ある日やってしまうのである。

o0800053310208969671.jpg

背筋を伸ばす覚悟を決めたら、一日中、伸ばす。

疲れて帰ってきてPCの前に座っても、ちょっとダラ〜ンとなってもある程度休んだら又、伸ばす

イスの座高も今までより下に調節する必要があるだろう。

これは一つの改革であり、挑戦だ。決心が必要だ。

初日は鍛えに鍛えた私ですら、背骨からズッシリと筋肉痛になった。

筋肉よりも尾骨や背骨自体が痛くなった。とくに尾骨の角度が正常に戻るからだ。

次の日は背筋を伸ばすのも億劫なくらいの痛さで、背筋を伸ばせなかった。

でも3日目くらいからすぐに慣れ、とにかく、疲れない。眠くならない。気持ちが常にスッキリしている。とにかく背筋を伸ばしているのが、気持ちいい。

間違った思考、ひねくれた思考が浮き上がってこない。常に頭がクリアなのである。

便通も改善され、腹をこわす事もなくなった。

背筋が伸びていると人から見る眼も変わってくる。

「宇宙の法則」に則った生き方をする人は必ず背筋が伸びているケースが多いだろう。

心と体の健康のために背筋を伸ばす!

さあ、貴方も、気が付いたら、背筋を伸ばして、もう一つ上の新しい自分、新しいライフスタイルに出会ってみてはどうだろうか?



↓励みになります、押してください。
人気ブログランキングへ
ラベル:背筋 伸ばす
posted by スティーブ高宮 at 20:49| 肉体の健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。