2012年03月03日

<<伸び>>それは宇宙の秘法Y〜第二の伸び〜

<<第二の伸び>>は非常に原始的かつ直感的であります。

私の提唱する<<伸び>>は<<呼吸法>>と共にやってこそ効果を発揮するのだし、基礎をしっかりやって下さい。

何事も基礎の土台がしっかりしていないと発展的なことをやったときについていけないし、その<<凄さ>>が理解できないのは皆様方も共感するところだと思います。

ピカソ.jpg


ピカソが、昔、幼少から若い頃は写実的な絵を沢山描き、その繊細な筆遣いは模写の最先端をいっていていました。

しかし、その後、ピカソはご存知の通り、おかしな構図の絵を多く描き、世にそれが評価され、歴史に名を残したのです。

写実的な基礎の上に構築される一見無秩序な幼稚さの中に、計算された幾何学の真の芸術が秘められていたのであります。

ピカソはそれを見抜く眼力を持つ買い手側の芸術への<<到達度>>を要求したのでありましょう。

つまり、何事も『基礎』が大事なのであります。

そして、私の宇宙究極の<<伸び>>を理解できるか、できないか、本質を見抜く貴方の<<到達度>>に掛かっているのでありましょう。

そして、第7の〜伸び〜をいつか公開しますが、これが本当に発展的な<<伸び>>であり、他の<<伸び>>と比べても絶大な威力を発揮します。

ただし、他の第6までの<<伸び>>をやっていない人間がこの第7の<<伸び>>をやれば、効果が凄すぎてどうなるか分かりません。多分、気絶するか、まったく良さが分からず忘れてしまうか、どうなるか、とにかく、突然やっていいはずはないし、基礎をやってない人間に第7の〜伸び〜をご紹介しません。
また、残念ながら初めての方にドモホルンリンクルをお売りすることはできません。

しっかりと脊髄のとくに頚椎、延髄から『眠気物質』を除去する感覚を身に着けてください。



       宇宙究極の7つの神技〜第二の伸び〜



第2の伸び.png



1.立ち上がって大きく息を吸う。

2.息を止める

3.手を上に上げて思いっきり<<伸び>>をする。

4.なるべく意識が遠のくまで<<伸び>>を続行する。

5.遠のいたら脚に来るのでなるべく踏ん張らずに敷き布団かベットに倒れこむ

6.息を吐いて<<伸び>>を終了とする。

注意事項

この伸びは、3つの禁のうちどれかでもやってないと結構、意外と意識が遠のく人が多いはずです。
遠のきだすと一気脚から力が抜けてノックアウトと同じ状況で地面に倒れこむこともありますのでかならず机などの角のない安全な寝室のベットの前か敷き布団の上で行ってください。


私自身は、この<<伸び>>は家でパソコンしていてなんか眠くてだるくて頭がボーっとしてきたな、とか、同じく家で夕食後にボーっとしてちょっと横になりたいとか、というタイミングで立ち上がってたまにやります。

7つの<<伸び>>の中ではそんなに使用頻度は高くないですが、いろんなバリエーションがあることでいろんな刺激が得れ、この<<伸び>>が効かないときは他の<<伸び>>というようにその時、コンディションによって効く<<伸び>>効かない<<伸び>>がありますのでバリエーションの一つで体で覚えておいてください。

そして、自分のお気に入りの<<伸び>>を見つけてください。
人によって生活習慣、背骨の生理曲線も微妙に違いますから。

次回は、2週間後になります。
毎日やって練習してください。




Sobrino-House-6.jpg


いつもクリック頂き誠に有難うございます。
posted by スティーブ高宮 at 01:03 | TrackBack(0) | <<伸び>>それは宇宙の秘法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。