2014年05月23日

【深層心理】他者へ発する思考、言葉の90%は自分自身を的確に表す。【真相真理】

今日は、私、スティーブ高宮がこの数年、現在の自分自身を知る方法として用いている、最高の方法をお伝えします。

それは、

【深層心理】他者へ発する思考、言葉の90%は自分自身を的確に表す。【真相真理】

ということです。
祇園精舎の鐘の音SEASIDEMIND.jpg

これは、心理学的にも証明されており、かつ霊的真理でもあるのです。

とにかく、面白いくらい自分のことを言っています。

常に、この法則に感心してしまいます。


例えば、貴方が職場の同僚の悪口を他の同僚に言うとします。


「あいつは、トロいし、ミスが多い。」

さて、冷静になって考えて下さい。


実は、貴方もトロくてミスが多いのです。

そう、思われています。

もしくは、あいつよりは、動きが速くて正確かもしれません。

でも、貴方は貴方の求めているレベルの中では、絶対に動きが遅くて、トロいのです。

だから、特に口をついて言葉が出てしまった瞬間に、「ああ、俺もトロくてミスが多いから、、つい口に出てしまったんだな!」

と自分自身の知らなかった至らない点に気づくことが大切です。


第七の伸びピカソ.png

                                                                  


貴方が他者を見て、思わず言ってしまう、感心してしまう。

「あの人、マジ凄い!信じられないわ!」

これも、貴方も凄いのです。

例えば、運動能力で感心すれば、貴方にも運動能力の素質ある。

人間は素質が無い物には、驚くほど無関心なのです。

だから、無感動、素通りです。

響かない。

そして、自分も凄いと自分で評価している証拠でもありますし、

見えないところで貴方を見ていてくれる人が、

貴方もマジ凄い!

と励ましている証拠なのです。

つねに、鏡なのです。

今まで、私、スティーブ高宮が自分の言葉を発した瞬間にハッとして、

あっ!これ完全に俺自身のことだ!

と思った詳細な言葉の内容が、今思い出せませんが、

とにかく、人間は良いことも悪いことも自分自身のことを棚に上げて、他者に対して言うのです。

良くも悪くも、素質があるから、相手の長所、短所がわかってしまうのです。

dezeen_Sensing-Spaces-exhibition-Royal-Academy-of-Arts.jpg


とにかくこのことを一年以上私はブログ記事にして皆さんと共感したいと思っており、

一年越しの思いでブログ記事にしています。

この法則自体は数年間意識して生活していますが、

驚くほど当たります。



そして、さらに突き詰めると、

貴方の思考の内容も、

あなた自身を表していますし、

あなた自身を表すようになりますので、

貴方が常日頃何を思考しているかまで

常に監視してチェックし、

ポジティブと美しい内容に変えていったほうがいいのです。

                                        

これは、心理学的には、自分の長所、欠点、自分の物差しでしか、人を観察できない、推し量れないという、

人間の価値判断の基準が自らの体験、自己評価に依存する性質に由来します。


さて、ここまでが心理学的な人間の話。【深層心理】でした。


The Deep Sea of Your Mind.jpg



ここからは、宇宙の法則の探求、そう、【真相真理】です。

霊的には、自分自身の鏡が自分自身の周囲だということになります。

そして、自分が発した言葉により、自分自身の欠点、長所をハッと気が付かせる、

これは、もうなにか崇高な力が働いているとしか思えないほど、

自分の他者に対する発言が自分を上から観察しているアドバイザーからの発言であると気が付くときがあります。


祈りimg_619080_21433852_1.jpg


とにかく、四六時中、常に、自分の発言、自分の他者に対する他者への評価の発言を、自分の出した口から、自分の想う心から、観察してください。

90%以上は、自分のことを言っています。

これは驚くべき的中率です。

Reflection-Field-at-Coachella-by-Phillip-K-Smith-III_dezeen_5.jpg
                                                           
また、宇宙の運行システムとして、自分が他者の悪口を言えば、それは自分も他者から悪口を言われる因を作っていることになりますので、

人の悪口を言う習慣がある人は気を付けなければなりません。



この世の中は、生まれ変わり、死に変わり、人の魂は永遠に生き続けます。

その悠久の時間の中で、自分が他者や世界にしたことは、


寸分たがわず、帳尻が合され、自分のもとに帰ってきます。



これは、厳しいほどの宇宙の法則であり、

宇宙の全自動コンピューターシステムから、貴方も私も決して逃れることはできません。

Reflection-Field-at-Coachella-by-Phillip-K-Smith-III_dezeen_3.jpg


そして、人間は絶対に「損をした。」ということがないのです。

「損をする。」はずがない、

寸分たがわず帳尻が合されるからです。



ですから、良い因を作るためには、

常に他者の長所を褒め、人の為に、社会の為に、一日一善、誰にも見られていなくとも、必ず宇宙が記録しています、

それらは、細胞の中のDNAの2重螺旋構造の中のA,T,G,C塩基対、コドンの配列の組み合わせの中、さらにミクロなレベルの中を探検した、アカシックレコードと呼ばれる領域に全て記録されています。

DNA_Repair.jpg

これらは細胞生物学、素粒子物理学において近い将来必ず証明されるでしょう。

人体と宇宙の記憶能力というのは、人間の想像を遥かに超えています。
人間の心の中で何を思ったか、どんな心境でそれをしたのか?まで全て記録され、映像として、再生できるのです。



ミクロな量子力学はマクロな一般相対性理論へと繋がります。

ミクロな原子は、中心に原子核(陽子と中性子)がであり、その周囲をそれぞれ決まった数の電子が配列を組んで回っています。
原子.jpg



原子の中心核は太陽であり、外を回る電子は惑星です。

そして、ミクロな原子(銀河系≒太陽系)が沢山集まってマクロな宇宙を創っています。

soler system.jpg

ミクロのを探るとその中にマクロの縮図が存在します。

これは、宇宙の全自動コンピューターシステムを創り上げた、プログラマー(創造主)の意思があったのではないだろうか。

宇宙のプログラミング言語を読み解く翻訳者達に対するヒントでもあり、

ミクロとマクロの相関関係が宇宙運行システムの鍵をなすものであるのではないだろうか。


それと同様に、人間(脳)は宇宙の縮図です。

脳の構造は宇宙の構造にリンクしています。

脳と宇宙.jpg


貴方の脳が、他者や世界、そして宇宙を見るその目が、実は他者、世界、宇宙から見た貴方だとも言えます。

ミクロな人間の貴方。

ミクロな人間(他者)が集合した世界、それがマクロな宇宙。

ミクロな貴方の頭の中(原子の構造)は、

マクロな他者の集合の世界から見た自分(銀河、宇宙)とリンクしています。

人間宇宙.jpg

アインシュタインは、この不思議な共通点に注目し、ミクロとマクロを同時に説明する宇宙統一方程式の解明に晩年を捧げたのです。


貴方が批判していた他者(宇宙、銀河系=他者の集合)は、

実は、貴方自身だった!


自分の心が何を思っているか、常に耳を澄まして、自分自身では知り得なかった、自分自身の欠点に気付き、直していきましょう。

貴方が他者を批判して、怒っている、

究極の伸びの動き6.jpg

それそのままの感情を宇宙(他者の集合=実は自分)は

貴方に対して批判して怒っている。


もしかしたら、それは、少し過去のことかもしれない。

でも、一度放たれた貴方の行為、思考、言葉は、素粒子として宇宙を盛大に駆け巡り、

貴方の元にブーメランして帰ってくる。


貴方が放った素粒子は、貴方特有の菌を持ち(抗原)、振動数があり、情報は暗号化されて宇宙へ送信されている。

解読 宇宙.jpg

だから、それを受け取り、解読できる能力(抗体)を持つのは、貴方だけなのだ。

これは、ミクロな人間の体内で起こる抗原抗体反応、そう、体液性免疫。


人間の体内で生成、分泌されるホルモンなども、血液に乗り、全身の臓器、器官を駆け巡るが、素通りしまくって、特定の標的器官にしか作用しない。


ホルモン と 標的器官の受容体。

抗原 と オーダーメードされる抗体。

暗号化 と 解読。

鍵穴 と 鍵。


key colerful.jpg

さて、マクロな宇宙では、貴方が出した、行為、想念、言葉は、宇宙を一周して、

必ず正確に、等量、寸分違わず、貴方の元に帰ります。


それは、地球を1秒で七周り半する光速、


もしくは光速を超えるニュートリノ、これはタイムマシンの技術、

そう、時間を超越して貴方が、鍵を持っているから、貴方が受取る。


テトリスのように、パズルのように、

軽やかに、滑らかに、


天文学的な数値の多種多様な突起物を持つ貴方の鍵穴に、

貴方の鍵は戻ってくる。


もしくは、海の水滴のように、南極や北極近辺で、はるか深層に潜り込んで、また地球の同じ海の表層に同じ水滴が戻ってくるのに、何億年と掛かる、

sea water circlation.jpg

何億年もかかって貴方に戻る。

宇宙に出てしまえば何十億年、何百億年も、戻ってくるのに掛かる。


必ず戻る。


だって、これは、科学だから。


スマートフォンの電波(電磁波)は見えない。

同様にして、私たちの行為、思考、言葉も磁気を帯び、電磁波としての性質を持っている。


そう、電磁波もさらにミクロになると素粒子だ。

電磁波も素粒子も、目に見えないけれど、力を持つ、科学。


人間の魂も、幽霊だって、素粒子レベルでは重量を持つ。

現在のテクノロジーでは、まだ計測するには、細かすぎる物質量だ。

そもそも質量が無ければ、存在しないって誰が決めたんだ?

目に見えないからって存在しないって誰が決めたんだ?

電波(電磁波)も空気も、目に見えず、絶えず貴方の周りを回ってる。

すでに、全ての素粒子は貴方の周囲に存在し、

何を貴方が受信するかが、貴方の人生での出来事の一つ一つなんだ。

だからこそ、周波数を高め、アンテナを磨き、いいものを受信する。


だからこそ、正確に、帳尻が合されて、全ての物事は貴方の元に帰る。

だからこそ、自分の行為、想念、言葉には責任を持たないと、忘れた時に帰ってくる。


因果は巡る。


貴方が死んで、生まれ変わって、また地上に降りてきても、

貴方特有の素粒子の振動数は変わらない。

感情 宇宙時間.png


貴方が地球上で発した行為、思考、言葉は全て素粒子(地球上最少粒子、全ての物質は素粒子という同じ粒子から出来ている。)としての性質を持ち、

貴方が死んで、あの世で500年暮らしている間も、地球上、宇宙を駆け巡る。

もしくは、神の粒子と呼ばれるヒッグス粒子(ある密閉真空構造において出現するとされる素粒子)は、次元を超えて、あの世まで、貴方の元に出現するかもしれない。

神の粒子は、必ず貴方の元に舞い戻る。

時空を超越して、舞い戻る。


貴方しか、その素粒子を受け取れない、鍵を持たない、受容体をもたない、解読できないから。

God Particle Elements Sphere.jpg

そして、付け加えると、貴方は貴方特有の磁気を持つ。

その磁気は、電磁気でもあり、貴方の受け取るべき磁気を引きつける。



宇宙の神秘は果てしない。

君と僕との真剣勝負。

惑星と惑星の不可侵条約。

それは、人と人との一定距離間。

それは、僕と君と時空との化学反応。

精神と時の部屋で耳を澄ませて、省みる。

dezeen_Skyhouse-by-David-Hotson-and-Ghislaine-Vinas_23sq.jpg



さて、、、、

話が素粒子論にまで及んだからには、宇宙を一周して、やっと本題に戻りましょう。

自分の思考と言葉をしっかりと解析して、自分自身に向けられた思考と言葉であったと理解したならば、

次は、見えてきた自分の欠点、これを直していきたいですね。


この10年、特に感じていること、欠点こそ改善に努めれば、

一転して最大の長所になり得る可能性を不思議なほどの確立で秘めていること。

欠点というのは、一生懸命改善に努めるからもありますが、

それ以前に、もともと長所に化ける素質を持っている箇所だということです。

欠点こそ未来の輝く可能性です。

欠点というのは素質です。

ダイヤの原石です。

そう、君も僕もダイヤの原石。


私達人間は死後49日間のバルドーの期間に霊魂は地球に滞在し、自分の一生を映像として記録されたものを全て見て、自分の良心の下に自分の行先を自ら決めます。

裁くのは、自分です。

もう、何も、隠せないのです。

Internet-connected-cars-will-give-you-superhuman-powers_dezeen_sq.jpg
                                                                        

自分の未来の為に、良いことを想い、良い言葉を発し、良い行いをしていきましょう。


やらぬ善より、やる偽善です。

偽善でもやり続ければそれは本物です。



悪口ではなく、いい口言っちゃってください。

それでは、貴方に、この動画をプレゼント。




いい口言っちゃってください。

これからは。


自分の発する、想い、言葉が鍵です。


Animated-GIF-Photography9.gif



ここまで書いて気が付きました。
全部、僕は僕自身に対して、この記事とSEA SIDE MIND を書いているんだなぁ!

banner (5).gif

posted by スティーブ高宮 at 01:22| Comment(28) | TrackBack(0) | 霊的真理の探求 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。
別のブログ記事にあった一文なのですが

>霊的修業を積みに積み、霊的経験や肉体人生経験を積み

とあったのですが
私も霊的修行をたくさん積んで霊的進化をもっと進めたいといつも思っています。

どのような事をするのが、霊的修行にあたりますか?
Posted by at 2016年08月18日 19:42
こんにちわ、名無しさん

返信遅れてすみません、管理人のスティーブ高宮です。

霊的修行を積みたいとのことですが、このスピリチュアルの世界は危険だらけです。
魔道に堕ちることも多々あります。

私は直接指導する立場にないので「伊勢白山道」というBLOGを毎日読んでください。
それが最も良い霊的修行になります。

特別な滝行や瞑想は必要ありません。

参考にされてください。
Posted by スティーブ高宮 at 2016年08月20日 03:41
上記でコメントした者です。
解答ありがとうございます。
私は、両親がカルト宗教団体の信者でして
幼少期からずっとその教えに添った生き方を強要されてきた者です。
故にスピリチュアルであれば何でも全面的に素晴らしいとは思っておりません。
私自信が自律して生きていく為に正しいスピリチュアルな知識は必要な物であるとの思いから知りたいです。
「伊勢白山道」というブログを全てではありませんが拝見しました。
ですが、何故だか私にはあまり興味が湧かないといいますか、
読みにくく感じました。
私は、シルバーバーチの霊訓に感銘受けたのですが、
シルバーバーチに関してレベルが低いと言われていたり、恋愛や色欲について否定的でありながら何がどう悪いのか詳しく書かれていません。ご自身は既婚者でいらっしゃる様ですが、恋愛以外でどうパートーナーを探せというのでしょうか。
良い恋愛と悪い恋愛の違いが不明確なのです。
また、私はキリスト教系の心理学や書物に惹かれる傾向が強く、このブログは仏教色が強いので少しとっつきにくいのだと思います。
ですが、私は輪廻やカルマを信じていますので早くこの地球での輪廻から卒業したいと強く思っております。
私にとっては難易度の高いブログですが、スティーブ高宮さんが進められるなら読み進めていきたいと思います。
スティーブ高宮さんのブログは何故か自然と自分の中で納得できたのです。
ですから、高宮さんがやはりこちらのブログを読む事を進められるなら、毎日読もうと思います。
Posted by セブン at 2016年08月21日 06:50
セブンさん、こんにちわ

素晴らしい程に熱心な方でビックリです。

>私は、両親がカルト宗教団体の信者でして

最近よくこういうエピソード聞きますが、2世の方はご自身の考えに目覚めて正しい道を探ろうとされている人が多いみたいですね。

>「伊勢白山道」というブログを全てではありませんが拝見しました。

「伊勢白山道」は「人気ブログランキング」でスピリチュアル以外で総合カテゴリーでNO1を何度も取っている超優秀なブログです。

元々私が信じている考え方と一致して居た為に、この5年間毎日私は欠かさず読んでいます。
確かに仏教の教えがベースにありますが、スピリチュアル全般をシルバーバーチ並みに詳しく解説し、また邪道なものを一刀両断したりします。

「伊勢白山道」以上面白い読み物は他にありません。
最近の記事は確かにつまらないので過去ログで一番最初の方から読んでいかれることをセブンさんのような真摯な方には強くお勧めします。

>恋愛以外でどうパートーナーを探せというのでしょうか

シルバーバーチの恋愛に関する解釈は私は知りませんが、「伊勢白山道」では妻とする女性、本命の恋人以外に不特定多数と性交をすると、多くの恨みの因縁を創る為に輪廻から解脱することは出来ないと説かれています。
これは釈迦も同じことを説いています。本命の人を探すことが人生において大切だと思います。


>スティーブ高宮さんのブログは何故か自然と自分の中で納得できたのです。

大変嬉しいです。有難うございます。
私のブログを気に入ってくれたならなおさら私が毎日楽しみに過去ログもほとんど全て読んでいる「伊勢白山道」を読んでください。

私もキリスト教に強く惹かれて生きてきましたが、聖書は権力者達の都合により書き換えられている為に本流から逸れてしまっていると感じています。

セブンさんの正直な意見が言えることは素晴らしいと思いました。

私も「伊勢白山道」の95%は信じていますが5%は違う部分があると感じています、この5%の疑いはスピリチュアルでも実社会でもリスクマネジメントとして必要なことだと思っています。

また何かあれば気軽に質問して下さいね!
回答ではなく、私の意見を返させていただきますね!
(注:コメント発見に数日〜1週間ほど掛かることがあります。)
Posted by スティーブ高宮 at 2016年08月21日 14:33
ご連絡ありがとうございます。
こういったコメントをすると不快に思われる方もいらっしゃるので、受け入れて下さりとても嬉しく思います。

私のスピリチュアル探索をする上で、熱意となっている物の根本は、もっと美しくて、広く大きくて、賢い何かが、ここではない何処かにあるような気がするからです。
それが今いる世界と今の自分にはかけ離れている気がするので諦めそうになる時がとても沢山あります。

でも、それを追い求める意外に現実と自分とちゃんと向き合って進んでいく事ができなかったんだと思います。
訳分からなかったらすみません(笑)

早くそのような世界に行きたいし、そのような人になりたいし、そのような人達と共に生きる事が私の夢です。(とても果てしない夢w)

私も記事を全て読んだ訳ではありませんので
最初から読めば、もっと良い点、気づく点がたくさん出てくるかもしれません。

読み進めて行きたいと思います。

また、感想や気づいた点など出てきましたら報告致します。
Posted by セブン at 2016年08月22日 18:31
セブンさん、こんにちわ

不快になんて全く思いません、セブンさんみたいな誠実な方に少しでも参考と共感が得られるように書いてますので。

>私のスピリチュアル探索をする上で、熱意となっている物の根本は、もっと美しくて、広く大きくて、賢い何かが、ここではない何処かにあるような気がするからです。

コメント全く同感です。凄く仰っていること分かります。

早く素晴らしい世界の住人になりたいものですね、

その為にこの地球でやるべきこと、出来ることはやって課題をクリアしていきたいものですね。

また進展有りましたら、いつでもコメント下さい!


Posted by スティーブ高宮 at 2016年08月23日 18:09
初めまして
素晴らしいブログをありがとうございます。少しずつ過去ログを読ませて頂き、勉強させて頂いております。
蔭ながら応援しております。
(ただのファンメッセージでございます。笑)
Posted by R at 2016年09月04日 14:52
Rさん、こんにちわ
スティーブ高宮です。

大変貴重なお褒め言葉を承り、とても嬉しく思っております。
現在、ブログが長期間止まってしまっていますが、また再開の予定もありますので、
その際は頂いたメールアドレスに1度ご連絡をさせて頂きますね。

応援誠に有難うございます。励みになります。

今後ともよろしくお願い致します。
Posted by スティーブ高宮 at 2016年09月05日 17:58
はじめまして、球速アップの指先の記事読ませていただきました。
そちらの記事にコメントできなかったのでこちらにコメントさせていただきます。
とても素晴らしい記事で本を出して欲しいくらいの内容でした。
図々しいとは思いますが、もし宜しければ指先を鍛えるトレーニング等をまとめた記事を書いて頂けないでしょうか、よろしくお願いします。
Posted by kaz at 2016年09月07日 08:59
Kazさん、はじめまして

球速アップの記事をお褒め頂き有難うございます。大変嬉しいです。

ちょっと記事を書けないので、コメントで代用させて頂きます。

球速アップに有効な指先の鍛え方は以下です。

1.指先2本での懸垂、2本でできなければ3本(ひとさし、中指、薬指)でも可。

2.日頃の投球練習で指先を意識する。

3.チャップマンが工藤康弘さんに「確かにこれは球速アップに有効に働いた」とインタビューで認めた、1Kg?程度の重たい硬球ボールでの投球練習。

4.中指、人差し指、親指の3本で行う腕立て伏せ

5.重たいダンベルが用意できる環境ならば指先のみで重たいダンベルを地面から浮かせるだけの記録を日々伸ばしていく。

これは指先にこだわらず、全ての指でどれだけ重たいダンベルを持ちあげられるかにこだわっても良い。

私の場合、全ての指で最初50kgのダンベルを地上から浮かせるのが精いっぱいだったものの、このトレーニングをウェイトの最後にするようになって1年弱で150kgのダンベルを片手で地上から浮かせられるようになるほど急成長しましたので、非常に効率の良いトレーニングになります。

ただししっかり休息を取らないとウェイトは重量によって壊滅的に関節を痛めるために非常にリスクは高く、私はウェイトによって関節を痛めて破壊されたくちなので、あまりお勧めはできませんので、出来るだけ自重の範囲のトレーニングを長期間こなすことを意識されると良いと思います。

何か質問あれば、お気軽にどうぞ。

ご健闘を祈ってますよ
Posted by スティーブ高宮 at 2016年09月08日 17:41
スティーブ高宮さん、お答えありがとうございます。
これを参考に更なるレベルアップをしていきたいと思います!
Posted by kaz at 2016年09月09日 22:19
kazさん、頑張ってください。

また質問や成果報告など楽しみに待っています!
Posted by スティーブ高宮 at 2016年09月10日 02:38
お久しぶりです。
その後、伊勢白山道のブログを何度か読んでみたのですが
なんとなく受け付けない感じがします。。
言っている事は分かるんですがなぜか違和感を感じます、
特に三本供養やご先祖様という表現が
どうも受け付けません、、

ですが、ここのブログ主様がG.I.グルジェフ氏の思想に感銘を受けているように感じたのでブログの代わりに
グルジェフ氏の本を3冊読みました。

早く感想をコメントしたかったんですが、
自分なりにじっくり解読しなければ
理解不可能だった為、時間がかかってしまいました。
あえてその様に書かれているのかもしれませんが、、

グルジェフ氏の本を読んで、全体的に知性と品格を感じます。
書かれている内容は、パートグルド義務(意図的な苦悩と努力)を実践する事の重要さとそれによって知性、感情、動作
の機能を極限まで高める事だと私は解釈しました。
それが、ワークであり仕事の意義なのだなあと。

これは、ついつい怠惰になりがちな私を奮い起たせてくれる良い書です。

誘惑に負けず、グルジェフ氏のように己を鍛え上げたいものです
Posted by セブン at 2016年11月04日 13:06
セブンさん

返信遅れて申し訳ございません。

グルジェフ氏の話は私も好きで、私もグルジェフの激しい労働や苦労、そして努力をする環境に自ら身を置き続けることによりヒトは覚醒するという主旨の思想を長く自身に取り入れて生活してきました。
私は、その言葉通り、年々自分自身が覚醒してきたと感じています。誘惑に負けないということも大切だと思います。
どうぞその調子で精進の道を極めていかれるといいと思います
必ず、精神的な所から、大きな進化がやってくると思います。
「苦労は買ってでもしろ」という言葉がありますが、誰よりも苦労したと思えるようになった時に、底知れぬ自信ととエネルギーが内面から芽生えています。その時に、今までの自分が理解できいほど小さく見える、数等倍大きな自分が現れてくるはずです。素晴らしいです。ビックリしました。
Posted by スティーブ高宮 at 2016年11月07日 00:37
ありがとうございます。

地道な努力の道ですね、

唐突ですがスティーブ高宮さんと、一度会って話してみたいのですが
難しいでしょうか?
Posted by セブン at 2016年11月09日 12:03
セブンさん、返信遅れてすみません。

> 地道な努力の道ですね
はい、私達は与えられた日々の仕事や生活の中で意識して精進することこそ、正しい道に通じると思っています。

>一度会って話してみたいのですが 難しいでしょうか?
このブログをやっていると色んな方にそのように誘って頂けるのですが、残念ながらすべてお断りしています。

理由としては、私は人を直接教え導く立場になく、私自身も私自身の感覚で私自身の正しい道を悪戦苦闘しながら暗中模索している身分だからです。

様々な文献に目を通し、情報を取捨選択し、自分自身の研ぎ澄まされた感覚で歩んでいって下さい。私もそうして来ましたし、誰もがそうあるべきだと思っているからです。

またコメントお待ちしております^^
共に頑張りましょう!
Posted by スティーブ高宮 at 2016年11月11日 22:37
ありがとうございます。
なるほど、スピリチュアルや覚醒への道は個人の歩みなんですね。
あまり重くとらえすぎず地道に進歩して行きたいと思います。
辛い事や嫌な事があると、どうしても何かに頼りたくなってしまう物ですねえ、
我々は、、。

そうですかあ、スピ系の話を抜きにしても友人(?)としてでも少し話したりできたらな〜
なんて思ったのですが、仕方ないですね(T-T)
Posted by セブン at 2016年11月22日 08:09
セブンさん、返信遅れてすみません。

>なるほど、スピリチュアルや覚醒への道は個人の歩みなんですね。
>あまり重くとらえすぎず地道に進歩して行きたいと思います。
>辛い事や嫌な事があると、どうしても何かに頼りたくなってしまう物ですねえ、我々は、、。

はい、全くもってその通りだと思います。
悩みや壁にぶつかった時に専門知識以外で絶対に人に相談しないでください。
自分の力で乗り越える力を持っていますし、自分の力で乗り越えようとする人間に神は力やメッセージを必ず与えてくれます。
人に相談することは自分自神を疑うことになります、その時は既に自分の人生ではなく、自分の生命ではありません。
人を頼れば頼るほど、一度その場は救われるかもしれませんが、どんどん自分が弱くなります。
壁にぶつかった時のメッセージは必ず分かる形で降りてきます。
降りてこなくても貴方の理性と本能の赴くままで良いと思います。そこに貴方の真の力が発揮されます。



>そうですかあ、スピ系の話を抜きにしても友人(?)としてでも少し話したりできたらな〜
>なんて思ったのですが、仕方ないですね(T-T)

上記の理由は私自身が気付いた時から実践してきた生き方ゆえに、このブログでも誰かとお会いすることは首尾一貫してありません。
「酒を飲みながら夢を語る、人生を語る。」ということが経験上あまり意味を成さなかったというのもあります。
仲間と居ましても仲間は代わりに死んでくれません。
結局は自分自身で1人生き、1人死ぬ、自己完結だと思っています。
また是非コメント下さい!!!



Posted by スティーブ高宮 at 2016年11月24日 23:06
こんにちは。なるほど。
悩みは自分自信で向き合う事が大切なんですね。
私は、幼い頃や学生時代よく人に相談したものですが、大人になっていくにつれどんどん減少していきました。
成人し抱える問題が複雑になれば結局は周りの誰に聞いてもそれが分からないのであり、悩みの種で
話しても解決する事ができないと分かったからです。
自分自身が弱くなる、、確かにそれもあるかもしれません。
幼少期ならともかく大人になってからそれをやるとその人に頼る癖がついてしまいますね。

そうですか〜残念ですが了解しました。
たしかに、気晴らしに友人等と話している時間は楽しいですが
山積みの課題をそれによって解決できる事は永遠にないんですよね、、
それ無しでそこに向き合う事ができるならそれだけ精神的に強いんだと思われその方が良いんだと思います。

>自分自身で一人生き、一人死ぬ

確かに一理あるかもしれません。
しかし、私が読んで納得している書物、聖書やグルジェフ伝等には
人間は一人では完全ではない。みたいに書いてあり、
グルジェフ等は他者に依存する事を嫌う文が見られる反面、男女間に関しては肯定的に書かれています。
男女の間においてはそれ1人では不完全なのであり、、
みたいな文があります。

確かにそれは、この世界が陰陽的に出来ている点からしても
自然な事のように思えるのですが、

シルバーバーチの記述では男女愛や家族愛など、人間の本能や生理的欲求からくる感情はどれも次元の低い愛だと書かれており、
より外に向けられる愛、人類愛や社会的貢献等がより高次なものとして書かれています。

どちらも納得いくようで、真逆の意見です、、(--;)

謎は深まります、、

スティーブさんはどう思われますか?応えても良いと思われる範囲内で大丈夫です。
Posted by セブン at 2016年11月27日 19:55
セブンさん、こんにちわ

返信が遅れて誠に申し訳ございません。

コメントを読ませて頂いていると、既に本質を得ている方だと感じました。

一人生き、一人死ぬということは、集団生活や男女、家族の中にあっても、決して人に依存しないという意味です。

何かに対する悩みの回答は必ず私生活の中で、また街の中で、また読み漁る文献の中で必要に応じて答えがあるはずです。

人間は集団や男女の中で揉まれ刺激し合い高まっていくと思っていますし、人との交わりは不可欠な要素だと思います。
ですから、セブンさんと私は、本当にそれらの点に関して、同意見だと思います。

セブンさんはしっかりした方なんで、何の心配もいらないと思いました!

またコメント下さい!!

Posted by スティーブ高宮 at 2016年12月14日 19:20
いつも返信ありがとうございます。
そんな、、今でこそ私も自分の足で立っている自覚がありますが、
昔は依存体質でした。
ので、他人に依存するという心理が良く分かります。
依存している時というのは、本人にその自覚はあまりなく
それを愛だとか情だと錯覚しています。
相手に何かしら好意がある事は事実なのですが
依存の場合、相手が自分に執着する事を強く望み、自分の絶対的な分身に対する安心感から自己を保とうとするのです。
が、これは相手が自分から離れた時に、相手が離れていった哀しみ等よりも、一人でいなければならない恐怖、不安感で一杯になるのが特徴です。
しかしこれが依存だと自覚できるのは1人で立てるようになった後で、そうならない限り気づかないみたいです。自分はそうでした。
そして、自分が人に依存しなくなったきっかけというのが、
徹底的に人に叩かれ続ける事(暴力ではなく、精神的に)しかも1人でそれに屈してはならない何か理由があり前向きに耐え続けた結果でした。
なので、グルジェフの意図的な苦悩と努力で人は覚醒するという事、伊勢白山道の一本角のサイのように。。
という言葉は事実だと思います。
しかし、問題は一人で立てるようになった後、一人で居続けるべきなのかと言うことです。
他人は全て幻、、真の幸福は真我の中にしかない?
伊勢白山道に度々登場するラマナマハルシのこの教えは、?と思うのです。 これは誰も愛した事がないからこんな事が言えるんじゃないかと思うのです。
それって自分の殻に閉じ籠っているだけなんじゃないかと。
誰かを強く愛しいと思う気持ちは依存心とは違う物です。
その対象との一体感は自己を保ち続ける充足感よりもはるかに幸福で満たされると私は感じています。
しかし、これが長くは続かなかった為、 やはり幻しだったのか否か
現在模索している所です。
他人に依存している時はそれが分からなかったようにもしかしたら私が間違っているのかもしれません、、
マハルシの書物も一度読んでみたいと思います。

しばらく読書や実践を通して自己探求に集中しつつ
また、何か気づきましたらコメントさせて下さい。
尚、伊勢白山道を現在、愛読しております(笑)
良いブログを教えて頂きありがとうございました。
Posted by セブン at 2016年12月15日 06:00
セブンさん、こんにちわ
毎度返信遅れてすみません。

>しかし、問題は一人で立てるようになった後、一人で居続けるべきなのかと言うことです。
>他人は全て幻、、真の幸福は真我の中にしかない?
>伊勢白山道に度々登場するラマナマハルシのこの教えは、?と思うのです。 これは誰も愛した事が>ないからこんな事が言えるんじゃないかと思うのです。
>それって自分の殻に閉じ籠っているだけなんじゃないかと。
>誰かを強く愛しいと思う気持ちは依存心とは違う物です。
>その対象との一体感は自己を保ち続ける充足感よりもはるかに幸福で満たされると私は感じています。

私も、全くセブンさんの感じられているその通りだと思います。

人は自分自身の中に宇宙があり、深く深く自己の宇宙に入り込み、魂を進化させていくこと。
魂を進化させるためには、他人との交わりが不可欠であること、だと思っています。

ただし、聖者の人々は、感じたことを端的に表現し過ぎて正しい事を言っているとしても語弊があるということはあると思います。

僕も信頼する聖者達や伊勢白山道の話で、「いやこれは絶対違う!」という視点は1%程ですが確
固としてあります。誰かリーダーを100%盲信しないということはこの世では重要だと思います。

そして、自分の脚で立つこと、これが基本ですね。
これが出来ている人だけ、人付き合いやパートナーに恵まれると私は思っています。

伊勢白山道気に入ってくれたようで嬉しいです。過去ログ全部読まれることを強くお勧めします。
セブンさんのような真剣に宇宙のことを探求されて、本質に辿り着いている方が、私にこうやってコメントを下さることにとても光栄に思っています。

またコメントお待ちしております!

Posted by スティーブ高宮 at 2016年12月18日 02:00
お久しぶりです。
あれから、仕事を生活の中心にしつつ、
仏教系の本を読んでいます。
キリストは精神世界、人との繋がりに主軸を置いている感じがしますが
仏陀は人としての規律というかルールを事細かに説いている感じがします。
とても面白いです。
引き続き読み進めていこうと思います。

相談があります。
こうやって、読書で聖人達の言葉や考え方に触れモチベーションを上げる事はとても良い事だと思います。
しかし時々、虚しくなります。

それは毎日共に働く会社の上司、同僚、古くからの友人関係にしても
内面の深い部分まで話すことができないからです。

社会における通常の人間関係はどうしてもどこか希薄で個人的な欲に満ちています。
それは、その人のこれまでの歩みの結果から出た個性の一部でしょうし、
ネガティブな部分を持っていたとしてもその人の成長段階が今そこだというだけだと思います。
私も未熟さを持っているので他人を否定できません。

そういう人達から、良い影響を受ける事も大いにあります。
ですが、社会的にも、自分の成長の為にもはある程度周りに同調して生きなければなりません。

それがなんというか、話していても論点が合わないのです。
注目している所、関心を持っている所が根本的に違うので合わせるのに酷く疲れます。

それが、霊的成長のための訓練と言われればそうかもしれませんが、
下ばかり見ていて(慢心や侮辱しているつもりはありません)自分は果たして向上していけるのか本当に疑問です。

文字を通して成人の考えに触れられるのはとても有難いことだと思いますが、
実際に目標となるような人物には会えないのでしょうか?

現代にキリストや仏陀やグルジェフの用な人物がいたら間違いなく弟子になったのに。


もっと自分より高い精神性の方に会って沢山学びたいです。

たとえば仕事をもっと高いレベルにすれば、
つまり高い技術を身に付けて消費者の評価もそれについてきているような人達の集まるような職場を選べば、そういう方達に会えるでしょうか?

スティーブさんは現代の仏陀やキリストに近いような方を誰か知っていますか?

純粋に弟子入りしたいです。
社会や人間関係を遮断したい訳ではなくて、
目標や拠り所にして社会とも向き合いたいです。

これは私が女だからかもしれませんが、どうしても何かに寄り添って生きたくなります。

あと何十年も本だけ読みながら1人で社会と向き合うのかと思うと少し溜め息が出ます。

やはり甘えでしょうか?最後まで個人の歩みなのですかね?




Posted by セブン at 2017年02月12日 22:44
セブンさん、お久しぶりです。

丁度グッドタイミングでコメントを発見できて嬉しいです。
また暫くコメント頂けなかったのに頂けてとても嬉しいです。

セブンさんは本質を得ている素晴らしい方だと思っています。

ですから職場のレヴェル(って考え方は好きじゃないですが、不思議と実際に同じような人間が集まりますよね。)が低いとお感じでしたら、もしかしたら、より高い意識の職場に転職されることをお勧めします。

僕は例えば伊勢白山道など読んで同感したり学んだりして吸収しますが、僕自身は自分の人生経験から「僕の魂は徹底的に社会と戦い抜かないといけない」という結論に至ってます。


こればっかりは聖者の言葉にはほとんどないことなのですが、自分は男で荒魂の持ち主なので、これこそが僕にとっての正しい悟りへの道だと確信するに至っています。

その中で社会や人の為に生きる道があり、僕自身の成長につながると思っています。
そうした自己実現の先に自我とやらの消滅は僕の場合自ずと訪れると考えています。
つまり10人いれば悟りへの道は10人十色だと思います。

また本当に自分を高めていきたいとお考えならば誰かのW弟子Wにならないほうが良いですよ。
また誰かや複数のW師匠Wになりたがる人って本物かなぁって疑問もあります。

自分の尊敬する人だったらこの場合どう立ち居振る舞うか?そう考えて生きるだけで十分だと思います。

人間は常に誰かと寄り添って生きたいものですよね、ですからそれは夫婦・家族・友人だったり職場だったり趣味や習い事の集まりがあると思うんですよね、そこでこそ成長が起こると。

ところがみんなが悟ろうと思っている集団に入ったら(入っても良いですが)、悟りだとか成長だとか覚醒だとかは起きにくいと思いますよ?端的に言うと合わない人、悪い人がいるから成長が起こるんですよ。

セブンさんは女性だそうですが、人と交わりながら切磋琢磨して魂を進化させると同時に、
1人生き1人死ぬという人間としての厳しさと強さを意識されると良いと思いますよ。

頑張りましょう!またコメント下さい!






Posted by スティーブ高宮 at 2017年02月13日 00:09
お久しぶりです。
あれから、また色々な事があったのですが
別のサイトの方に書き込もうとしても、保存していたURLが消えてしまい書き込めなくなってしまいましたので
こちらから、失礼します。
やはり、なんとなく一度会って話してみたい気がするのですが、
難しいですかね?
しつこくてすみません。
Posted by セブン at 2017年08月30日 14:41
センブンさん、お久しぶりです。
あちらのサイトはビジネスの関係で色々と改変中で分からなくなってしまってすみません。
あと僕には交際している女性がいるので、やはり会うのは現段階では厳しいと思います。
まあ男性とも会わない方針でお断りしてきましたので。
しかし、悩みとか相談とかでしたら聞きますし答えますので何でもコメント下さいね。
Posted by スティーブ高宮 at 2017年08月31日 23:02
ご連絡ありがとうございます。
そうなのですね。たびたび、無理を言って申し訳ありません。
このコメントをしたのはつい最近の事なのですが、その時と今とではまた状況が変わってきています。恐らく、良い方向にです。
私は今、とある宗教団体のとある方との面会を継続し、また新しい聖者の本を読み、好きではない祈りを嫌々ながら実行した中で
これが神かもしれないのでは?という者に出会いました。
これはコメントをした後、つい最近の事なのです。
今後はそれが本物なのか否かを試して行く予定です。
その事が分かるまでの1〜2年と言うもの、日々苦悩しかありませんでしたが、ようやく一区切りつきそうです。
現在読んでいる本は聖者ヨガナンダ氏の本なのてすが、"結婚とはお互いの中に神を見つけるためのややこしい方法の一つ"なのだそうです。
とても奇妙ですが面白く的を得た表現に思えます。
これからも、私自信と見えない真実の探求を求め続けます。
また何処かでお会いしましょう。
Posted by セブン at 2017年09月06日 08:27
セブンさん
コメント有難うございます。
進展があったようで嬉しく思います。
私は何度も申しますように、セブンさんは既に自分自神で悟りと言われるような崇高な感覚を得る軌道に乗っている方だと思います。
神と思えるような素晴らしい方に出会ったことは大変喜ばしいことだと存じますが、本来、悟りであったり輪廻解脱への生き方、魂の高め方というものは、アフリカだろうと貧困層だろうとどのような環境であろうと心と行動次第で、誰に導かれることなく歩めるように出来ているのが宇宙の摂理というものです。本物の人に出会い指導してもらわなければ悟れない真理の道を歩めない、そのように神は人類を創られていません。そして必ずどのような地域にもお手本となる素晴らしい人間は存在し、或いはネットで或いは本で、、、人々を導いているものです。以前よりセブンさんは誰かに師事したいと仰っていますが、私はそのような修行の仕方には首を傾げざる負えません。それは70億人の人間に当てはまらない特殊な形態を取るからです。そして解脱への道は100人100色、それぞれの過去世の経験と魂の持つ性質により異なるものです。だからこそ私は根本的な解決にならないこの面会という形式をセブンさんや他の読者さんに断っているのです。そして私が今まで出会った神性を表している人達は直接指導して欲しいと仮に私が頼んだとしたら「そのようなことはやっていない」と答えるだろうクールさを兼ね備えた方達でした。果たして真理の為に会うとは言え、男女が会えばやがてそれ以外の感情も生まれてくることでしょう。会ってスタバの小一時間で何を教えてもらいましょう??もしくはセブンさんのような女性に対して悟りを餌に下心を実現させようと化けの皮を纏った狼がこの業界には沢山います。神は神の子である人間が自らの神性に気付きそれを表していくプロセスにおいて誰かに面会を重ねたりべったりと師事して学ぶという手段を70億の子供に想定していません。70億の人類の全てがそれぞれの生まれた国、境遇に置いて過去世の因縁を果たしながら、自らの神性に目覚め表していく、周囲に愛を与えていく、その過程を経て魂を磨き高め上げ、やがて神へと帰ることを望まれていると思います。その方法こそが70億の人類の全てが再現可能な手段だからです。悟りは市井を離れた隔離された寺や神社、宗教施設では起こりにくいといえます。それらに正神の流れがあれば起こり得ますが、清濁混濁した一般社会においてどう立ち回るかが我々人類において試されその中で凛とした一筋の愛の行いを貫いた者にこそ悟りや解脱は早く訪れるのだと思います。どうぞ参考にされてください。そして、また疑問に思い迷うことがあればコメントではなく私にメールをください。メールアドレス(the.saintroad@gmail.com)は近日削除しますので今のうちに保存しておいてくださいね。
Posted by スティーブ高宮 at 2017年09月07日 02:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。