2014年11月13日

オナ禁≒射精禁と並行して慢性疲労回復に劇的な効果がある『伸びエクササイズ』

オナ禁≒射精禁の効果をより高める方法が、


SEA SIDE MIND スティーブ高宮が開発した呼吸法を伴う『伸びエクササイズ』


詳しくはシリーズ序章から読んでいって欲しい。


この記事は『伸びシリーズ第十章まとめ記事』と重複しています。


<<第一の伸び>>ねじりのポーズ Spinal Twist Pose


第一の伸びライト.jpg


<<第二の伸び>> 万歳ポーズ Banzai Pose


第2の伸び 白黒調整.png


<<第三の伸び>> 鋤(すき)のポーズ Plow Pose


第3の伸び.jpg


<<第四の伸び>> 前屈のポーズ Forward Bend Pose


第4の伸び.jpg


<<第五の伸び>> 駐車中のポーズ Parking Space Pose


第5の伸びコピーライト.jpg


<<第六の伸び>> 体育座りのポーズ Sit&Think Pose


The Deep Sea of Your Mind.jpg


<<第七の伸び>> 火の鳥ポーズ Fire Bird Pose


第7の伸び.jpg




天地刻印ピラミッドロバート幾何学.jpg


究極の伸びの動き完成.gif



sea side mind.jpg



c SEA SIDE MIND Steve Takamiya.


<<第七の伸び>><<第八の伸び>>が現在の私にも最大の効果を発揮し続けてくれます。

必ず毎日やる習慣をつけ血流を常にサラサラに流すことが望ましいでしょう。

日中、眠たくなったら、やる。眠たくなる前に、やる、常に眠気を分解除去する。

朝起きたら、やる、寝る前にも、しっかりやる。一日に何度と無くやる。

つねに血流を流して肺胞を拡張し、心臓の負担を和らげスムーズにし、脳に酸素を供給しましょう。これら3つは同時に起こることであり、同じことです。


他の第六までの<<伸び>>は残りの『眠気疲労物質』をさらに血中に溶解除去するために、随時、やりたくなった種目を選んで行えばいいでしょう。<<第一の伸び>>ねじりのポーズと<<第三の伸び>>鋤のポーズと<<第四の伸び>>前屈のポーズは私が毎日一番頻繁にする<<伸び>>です。
posted by スティーブ高宮 at 03:18 | TrackBack(0) | 射精禁≒オナ禁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月24日

射精1発≒射精禁3日 


まず、私はオナ禁≒射精禁を8年間断続的に取り組んでいる人物である。

そして辿り着いた理論に SEA SIDE MIND 老化=射精+タバコ+酒+砂糖−運動量 という黄金の方程式がある。

射精禁≒オナ禁の効果としては、SEA SIDE MIND 射精禁・オナ禁の効果を全て体感した。

是非、参考の為に最初でも後でも読んでおいてほしい、これらの記事を始めSEA SIDE MINDの記事は確実に貴方の人生を豊かにすると自負してやまない。

The Deep Sea of Your Mind.jpg


さて、本題の射精1発≒射精禁3日という数字を導き出した7か月以上におよび数字を記録し身体の状態を記録し続けた壮大な人体実験の話をする。

これは私のオナ禁≒射精禁の歴史が浅い日に行った貴重な長期的な実験であり、文章表現追及の極みとしての脚色は多少入るのだが、実験データ自体は全くの本物であり、一切改ざんをいれていない、『再現性』のあるものであることを断言しておく。

非常に残念な研究結果である。

そして、非常に興味深い内容なので是非、真剣に読むことを薦める。


私は4年前くらいに射精1発につきそのダメージを修復するのに射精禁日が等しい関係にあると信じていた。

即ち、射精1発=射精禁日 だと思っていた。

つまり、1日に1発射精する事はプラスマイナス0の現象だと思っていた。

つまり、1発の射精は日射精禁すれば、肉体的ダメージ回復できると思っていた。

そこで8ヶ月に渡り、射精を逐一記録し、
自分自身の身体の変化を観察する、壮大な検証実験を行った。

serenity_lassen_ii.jpg

ルールはこうである。

1日禁欲(オナ禁、射精禁)が達成すればプラス1日禁欲日ポイント。

1発射精すればマイナス1日禁欲日ポイント。

つまり1ヶ月を30日として、1ヶ月にに5発射精すると、プラス25日禁欲状態。と定義していた。

毎月、8〜10発くらい射精していた。大体3〜5日に1発のペースだったと記憶している。

つまり、月にプラス20〜23日禁欲日ポイントを積み重ねて言ったのだ。

7ヶ月で140〜150日禁欲日ポイントまで貯金した。

だいたいこんな程度のペースで禁欲しているとやろうと思えば毎日に10発ずつ射精しても
全然余裕なくらい常に実弾が装填され瞬時に発射することができる状態なのである。

この実験の直前の私は30日近く禁欲するとそれはそれは信じられないくらいに、
肌がつるつるに若返り、シワが消え、目が物凄い輝きを発し、私の尋常ではないギラついたオーラに世界中が私に嫉妬していたのである。

人々は私に最高級の畏敬の眼差しを送ってきていた。女どもは皆ひざまずいた、、、そんな妄想を掻き立てるほどギラついていた。それはそれはギンギンだった。ギンギンすぎたのだ。

ウエイトトレーニングが絶好調で、筋肉は超人ハルクの如く、いくら激しい運動しても
無限のエネルギーを得れており、毎日毎日見たことの無い自分にレベルアップしているのが、楽しくてしょうがないほど禁欲の効果を得ていた。

maddron035a.jpg

話は実験に戻るが、ところが、7ヶ月の実験をした段階で、140禁欲日ポイント、
即ち、連続140日オナ禁状態になると信じていたのだが、

身体のスペック、上記に書いた実験直前の頃の30日連続禁欲状態より
少し劣る自分がいたのである。

私の予想では、140禁欲日ポイントは連続140日オナ禁状態と同等の効果を得ているはずだったが、

それが、30日連続禁欲(=オナ禁=射精禁)状態にも及ばない、
正直プラスマイナスでいうと一応断然プラス状態、くらいの効果を得ていなかったのである。

しかし、それが信じられず、職場が変わり、環境が変わり、

私は8ヶ月目には吹っ切れて、1日に10発も盛大に発射することもあり、
そう、それはまるで、夏の夜の風物詩、花火大会の如く豪快に、
そして時にそれは切なかっのである。

いやあれは、追憶の
刹那に咲き誇る打ち上げ花火だったのだ。
若さは打ち上げられた華となり、豪快にドピューーン!ドピューーン!と鳴り響き散っていったのである。

とにかく、私は毎日1〜2発ペースで射精をした。

確認するが、まだルールは1射精につきマイナス1禁欲日ポイントである。

そうして、1ヶ月くらいの月日が流れた時、
私は100禁欲日ポイントまで禁欲日ポイントを落としていた。

そして、「まだまだ俺には100禁欲日ポイントの貯金がある。」と思っていた時、

とうとう、「弾切れ」を起こしたのだ・・・・・。

3こすり半状態、若しくは、1分以内の射精、若しくは、常にマシンガン状態の発射態勢であった私のマグナムが、あろう事か・・「弾切れ」を起こしたのだ。

「弾切れ」は、私が、禁欲=オナ禁=射精禁を知る以前の
毎日1射精以上発射してた時以来の現象である。

私は困惑した。

45cca248.jpg

「なぜ、俺は100禁欲日ポイントの貯金があるにも関わらず、「弾切れ」なんぞ起こしているのだ!!!」

私の憤りが嗚咽に変わり、土砂降りの台風の中、私は大粒の涙で顔を汚し、

それが涙なのか雨粒なのか、そんなこと、どうでもよく、何もかもがどうでもいい。、

独りでに私は、荒れ狂う海の誰もいない砂浜を駆け出していた。

そして、波打ち際で海に向かって叫んだ。

「ふざけんなああああああああああああ!!!」

その“雄たけび”が絶頂に達した時、

天から物凄い衝撃音が鳴り響き、

私の中に稲妻が突き抜けた・・・。

私は強い衝撃を受け





・・・気絶した。

f0137354_074163.jpg


夢とも現実とも解せぬ、大雨の轟音のみが鳴り響く、
混沌とした意識の中、私はビショ濡れになりながら悶絶していた・・・。


「毎月10発射精×7ヶ月=マイナス70禁欲日ポイントではないのだあああ!!!

マイナス70禁欲日ד”倍でマイナス210禁欲日ポイント!

31日×7ヶ月=217日禁欲日!

217日禁欲日≒210禁欲日

そうか俺は7ヶ月終わった時点でプラスマイナス0かちょっとプラスくらいの
禁欲状態の効果しか得てなかったのか!!

たしかにその程度の効果だった、肉体の状態だった!!

だからその後1ヶ月で「弾切れ」を起こしたのだ!

つまり、答えは出た!

射精1発≒マイナス禁欲日ポイントなのだあああああ!!!

何ということだあああああああああ!!!」





波打ち際で意識を取り戻すまで、どれだけの時間が流れたのであろう・・・

気が付くといつの間にか大雨は止み、厚く空を覆っていた黒い雲が開け、

一筋の光が私の顔を照らしていた。



「ああ、俺は生きているんだな・・・」



雨上がりの甘い香りがほのかにする。


潮の香りが新鮮だ。


辺りは心地よい波の音の静寂に包まれていた。


全ての感情は洗い流され、生命は再び光を放ちだしていた。



月のキレイな夜だった。。。

20090711-00000013-maiall-soci-view-000.jpg

つまり一週間に2発射精すれば2発×=マイナス6禁欲日ポイント。

7日−6禁欲日ポイント=プラス1日禁欲日ポイント。

ほとんどプラスマイナス0に等しいかせいぜい1日分プラスか。

週に3発射精すれば7日−(3発×)=マイナス2禁欲日ポイント。
つまり、マイナス禁欲日ポイント・・・それは、肉体の『老化』を意味する。

射精禁で効果を出し続けようと思ったら、
1週間に1発以下のペースで禁欲生活を続けなければならないという

予想を遥かに超える、厳しい検証結果が得られた訳である。

その後も、射精1発≒射精禁日 を念頭において、自分自身を観察しているが、
この式は非常に現実的で厳しい「方程式」であると結論付ける事が出来た。

この実験結果を信じるか信じないかは貴方次第であるが、
是非一度真剣に検証してみる事を薦めるのである。


カンザス.bmp


↓押してください。
人気ブログランキングへ
posted by スティーブ高宮 at 20:02| 射精禁≒オナ禁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月11日

射精と睡眠の短期的な関係

射精1発につき個人差はあるが9時間の睡眠が必要となる。

この時にしっかり9時間以上もう充分というまで寝ないとその後9時間の満足な睡眠を取るまで1週間でも10日でも眠く、風邪の悪寒の軽い症状の体調が悪い日が必ず続く場合もある。

射精当日はすぐ眠くなり落ちるように爆睡をする時と、当日は眠くならず、本当の眠気が2回目以降の睡眠中にドクドクと襲ってくる場合とがある。

射精2発だと2日間、9時間睡眠が必要になる。
5発連発なら5日間、9時間睡眠必要になる。

deep_sleep_tmb.jpg


しかし、実際は忙しくて長時間眠れない為、私の場合、例えば、日曜日に5発射精後その後月曜日から7日間7時間睡眠でも2時間の睡眠不足×5日ですっきりしない感覚と共に生活することになる。

ただし私が開発したSEA SIDE MIND <<伸び>>〜それは宇宙の秘法〜を徹底的にやり込めば、慢性疲労や朝の辛さから嘘のように解放され脳のやる気が血流により遮断されることなく体へと流れ込むサラサラ血流の体質へと改善される。

必ず抜いた回数と同じ日数以上を9時間以上寝ないと射精の睡眠への短期的なダメージは解消されないケースが多い。睡眠時の集中度、上手な睡眠の仕方にもよるが。
私の場合、7時間睡眠なら2時間の不足分が蓄積され、解消されるまでスッキリしないのだ。

これは7年間オナ禁=射精禁をやっていてこの法則を外れて9時間以上寝なくてすんだときはほとんどない。

問題は例えば2発射精した当日に9時間以上寝てダメージは解消に近ずき、もう全回復した!と錯覚するのだが、
それでも必ず2日後以降にもう一日9時間以上の睡眠が必要になる。

射精してすぐに睡眠ダメージを解消できないのである。あとあと長い日数掛けて清算しなければならないので大変だ。その日に脱力してそのまま寝て、それでハイ終わり!解消!とならないところが上手く出来ている・・・。ダメージは2日後以降に射精した回数が日数となって帰ってくるのだ・・・。

65d73f1a-s.jpg


たいていは週末の休みの日に纏めて14時間寝たりしてダメージを解消させているのであるが、射精禁が2週間以上続いていてダメージを解消した後だと週末の休みの日でも短い睡眠時間で充分なのである。

普段は平均5時間睡眠の私ですら一発の射精に付き、ここまで大きな睡眠時間をとらないと回復できない、それだけ射精の睡眠ダメージ、身体へのダメージは計り知れないのである。

私はこの法則が「絶対」であると経験から思い知らされている為、
射精1発=睡眠時間超激増 の方程式をエベレストのように崇高に“そびえ立ち”ながらも常に考えてしまい躊躇してしまうのである。

gal26gr.jpg


あくまでも個人差はある。

精子3〜4億個=肉体的、霊的、生命力そのもの を1度に排出する「射精」という行為は本来、「子作り」
と「夫婦の愛」を深めるために神が人間にプログラミングした生理機能であろう。

射精という大きな快楽と引き換えに、生命力そのものを排出し、計り知れない身体と精神と霊体へのダメージという大きな犠牲を伴うのである。

「子作り」とは身を削って、まさに生命力を削ってするものなのだ。

だからこそ、尊い「命」が生まれるのである。

ミケimages.jpg


「全ての快楽には、それ相応の犠牲が伴う。」 スティーブ高宮


これから射精禁に取り組もうとしている人、本気で人生を変えて生きたい人はオナ禁の奥義、性欲をフェロモンに昇華し人生を好転させる方法論
古代インド禁欲の秘訣〜断射プログラム〜を最低2回は音声ファイルで聞いて、しっかりと実践されることは非常に有意義だ。作者の河本さんは若くして成功している実業家であり、TVの情熱大陸にも出た人であり、自己啓発の分野でかなり評価を得ている、射精禁≒オナ禁実践者だからだ。スティーブ高宮も勿論実践しているし、新しい視点、新しいアイテムを試すきっかけを作ってくれた。


そして、SEA SIDE MINDを隅から隅まで何度も読んで実践してほしいと自薦する。

また、睡眠の質を改善し、慢性疲労から解放されたいならば、SEA SIDE MIND スティーブ高宮が世界で初めて体系的に提唱するSEA SIDE MIND <<伸び>>〜それは宇宙の秘法〜シリーズを1から熟読し実践されることが非常に有意義であると思われる。

第2の伸び 原色調整.png


もう一度、射精の意味を考えてみてはいかがだろか?



↓今日は参考になった!と思ったら、押してください。
人気ブログランキングへ
posted by スティーブ高宮 at 21:29| 射精禁≒オナ禁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月06日

老化=射精+タバコ+酒+砂糖−運動


まず初めに、私、スティーブ高宮がこの方程式を語るどれだけの資格があるのか、ご説明する必要がある為、私の記事を紹介します。

Airbnb-Headquarters-in-San-Francisco_dezeen_16.jpg


(7か月以上の射精とオナ禁≒射精禁を数値化して肉体の状態を観察し導き出した方程式)

(3週間のジュースのみの固形物断食をした体験からの学び)

(完全なベジタリアンを1年4か月行い、以降、意識している体験からの学び)


そして、砂糖やコーヒーの害についても自分自身の体で実験し検証しレポートしています。

砂糖は合法麻薬と言われているほど老化にも深くかかわるものです。是非全部読んでください。

コーヒーはよく体に良いとされていますが、メリットよりも圧倒的にデメリットが多いのです。これは私の体がそう訴えかけてきたことから調査しました。コーヒーは血流をシャットアウトするため万病の元と言えます。でも最高に美味しいのです。。。

さて、本題の黄金の老化方程式に入りましょう。

世の中には生まれながら圧倒的な才能に恵まれた人間、それぞれの分野越えれない壁の上にそびえたつ人間が沢山いる。

例えばパワー・瞬発力系のスポーツにおいて欧米人の身体能力と日本人の「差」はまだまだ歴然とある。

それらの「差」をそれぞれの分野の練習や鍛錬の努力において縮めるのは並大抵の労力と年月

が必要となり、生きている間にそんな時間は終わってしまい、毎日の生活をするのが精一杯であろう。


1999_01LG.jpg


しかし、もし、これらの「差」を縮め、人生逆転を掴み取りたいなら、それまでの間は、性欲は出来る限り、いやほぼ完全に捨て去らなければならない。

それがどれだけ難しいか、貴方にも分かるはずだ。

だからこそ、チャンスなのだ。

この世の数少ない魔法。物凄い効果が体感できる魔法。人生を変える魔法。

それが、射精禁、(オナ禁)である。

貴方が人生を肉体的、精神的、霊的、に劇的にプラスに転換していく、数少ない方法である。

素晴らしい人生の扉を開く鍵。それが、射精禁、オナ禁。である。

goodairdawn.jpg

前回列挙したSEA SlDE MlND 射精禁の効果は全て私が再三体験した効果であり、何度も何度も、射精した2日後くらいから数日間この効果と真逆の現象に悩まされた。

何度も言うが私が何度も何度も体感し、調べたところ他の人間も体験している確実なものしか

載せていない。

大人が意識してコレをやる場合、効果は凄まじい。

そして、男性同様、女性もまったく同じ効果がある。

女性の場合、射精=オルガズム、エクスタシーの手前、精液の分泌の時点から、と置き換えて考えて欲しい。

また5年間で一つの結論に至った。


老化=生涯×(射精回数+タバコ本数+酒量+砂糖量−運動量)


という方程式である。

もちろん、老けやすい人老けにくい人の個人差はあるが。

この方程式は確実に当てはまると言えます。

とにかく精子・精液は肉体的、霊的、生命力そのものであるので無駄な排出はしないほうがいいのです。

老化したくないならばタバコは完全にやめ、酒は付き合い程度、砂糖も控えめ、射精は本当に好きな人と最低限の回数に抑えよう。オナニーなんて無駄打ちもいいところだ。

運動は老化防止には言うまでもなく重要だ。定期的に運動をしている人間の年齢に比べて若いのをみれば一目瞭然であるし、定期的に運動している人は当たり前すぎて話題にもならないほどであろう。これは血流を運動圧力により全身の細部に行き渡らせ、同時に酸素が巡り、新陳代謝が活発になり、血行がよくなり、栄養素が行き渡り、各器官、各臓器の働きが最適化されるからです。

この方程式は今まで私が関わった沢山の人からそれとなく聞きだした情報を元に統計的にたどり着いた黄金の方程式である。

天地刻印ピラミッド黄金.jpg


ハリウッド女優などが白人女性の多くが20代後半でいっきに別人のように老け込むのは、SEXとタバコさらに酒、そして、クスリ・・・に関係しているとしか思えない。ここまでそろうと運動では補えない。

性文化の違いであり、欧米ではセックスはすればするほどキレイになると考えられているからだ。

その考えが日本に輸入されただけだが、これには大きな「陰謀論」が関わってくる。

セックスとクスリ漬けの文化の産物は20代後半での40代後半クラスの老化である。
ハリウッド女優でもキチンとしてそうな女優は日本人と同じように50近くでも若々しい人はいる。

「射精が体に害は無い。」と教科書に記載させ、大手医学誌に載せ、射精と老化の関係を一切メディアが報じないのには

巨大な「陰謀論」が絡む。今日はその話は置いておこう。

とりあえず射精禁2週間やって体の変化を体感したら二度とマスターペーションなど出来ないだろう。

射精自体は2週間に一発のみ程度なら最低限ダメージなく、射精禁の効果を継続したまま上乗せで禁生活を続けられるだろう。しかし、2発連発してしまったら最後、人間は3発、4発とキリがなくなってしまうものだから肝に銘じて1発で終わらせよう。

今現在、恋人のいない人、「本気」の人は、射精禁を連続で1年以上やってみよう。

そのときには貴方の人生は劇的に、劇的に、変わっているだろう。

全てのスペックが劇的に上がるからだ。

第2の伸び 原色調整.png


インドの聖ラーマクリシュナは言った、

「12年間、精液を出さなければ、神聖なる特別な力が生まれてくる」と、

また、他のインドの聖人で名前は忘れたが、

「長年精液を漏洩させないでいると全身で蜜を舐めているような感覚に陥る」と、

私には凄くよく分かる。

更に言えば、低俗な性欲ではなく、最高クラスの異性しか興味が無くなり、そのクラスのみを追い求める為に、一層ストイックな自己の向上を追い求めるギラついた聖人へと変貌する。

歴史上、人類の為に、命を張って偉業を成し遂げた大人物の中に射精禁を行っていたとされるエピソードはよく見掛ける。それだけ知る人ぞ知る、宇宙の秘技なのだ。


この世の魔法、射精禁。

全ての快楽には、それ相応の犠牲が伴う 

by スティーブ高宮

「射精」という本来子作りの為の「快感」は、当然一つの生命を産み出すのと同じだけの肉体的精神的霊的生命エネルギーの排出の「犠牲」が伴い、

途方もない自分のレヴェルを遥かに越えた自己実現の大いなる夢を追い求める為には、パートナーとの純粋な子作り以外の性欲の全てを「犠牲」にする必要が当然あるだろう、70億の人間が全力でしのぎを削るこの短き世では。


そして、SEA SIDE MIND を隅から隅まで読んで吸収し出来ることから実践するのが最高に有意義であると自薦し断言する。

さあ、今からでも決して遅くない、今日から貴方も新しい人生の扉を開こう。



montenegroliving.blogspot.com
                                                             phot;montenegroliving.blogspot.com

↓今日は参考になったと思ったら、押してください。
人気ブログランキングへ
posted by スティーブ高宮 at 20:55| 射精禁≒オナ禁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。