2012年01月16日

『あきらめない』至高の精神

近年、非常に強く感じている、人間の成長にとって一番大事な精神の一つ。


それは、『あきらめない』だと感じています。


dezeen_Ai-Weiwei-Portrait-2.jpg


これは、『気持ちの切り替え』とも私にとっては言えるんです。


ただ私にとって『あきらめない』というほうが、重く響くんですね。


女性なんかは、『気持ちの切り替え』という軽やかな生き方をしていただきたいですね。


さて、この『あきらめない』がなぜ重要と感じているかと申しますと、


私の人生において、『あきらめない』で努力し続けていたら今頃こんなに素晴らしいことになっていたな、と確信できる出来事が沢山あったからです。


『あきらめ』ていた時間が人生の半分近くあったな、と。


『あきらめ』なければ、『凄い努力』をしなくてもそれなりの『成果』が出るんだな、と。


dezeen_Perspectives-by-John-Pawson-at-St-Pauls-Cathedral-1.jpg


たとえば、休日の日の朝に早く起きて様々な用事や趣味や勉強やスポーツや計画的にしたいとしますね。


でも、昼過ぎまで寝てしまったと。


そうすると、私の場合、高確率で『あきらめ』と『フテクサレ』が入ります。


ですから、その休日はその後生産的なレジャーや、将来のための努力ってものが、出来ない状態になってしまうんです。


それで、ダラダラ惰性で残りの一日を過ごす。


たとえば、一日に15時間仕事で外出している日々の中、帰ってから、1時間は将来のための資格の勉強なり、語学の勉強なり、したいとします。


でもたかだか1時間勉強したところでなんになるの?


と考えてしまう人は『あきらめ』ですね。


でもたとえ『1時間』でも、自分の手の空いた時間に勉強する『習慣』がある人間は間違いなく成長していく。


私は去年は本当に厳しい年で時間も無かったですが、移動中に英文1000文を丸暗記してしまいましたし、それ以外にも専門的な知識を沢山i pod で吸収してしまいました。


『あきらめ』なかったんですね。大体の時は。


Dezeen_Robots_of_Brixton_by_Kibwe_Tavares_sq.jpg


今度は『時間』の使い方に関する『あきらめない』ではなく、

厳しい状況の『時』の『あきらめない』の話をします。


今は無き尊敬する大叔父は太平洋戦争で陸軍で南方の戦線を戦いました。


大叔父は私の為に余生の莫大な時間を割いてくれた大恩人であります。

とても優しく私を怒るときは一度もありませんでした。


大叔父は根は善人だったそうですが、


実は、、、『鬼』だったのです。

私は母から聞きました。

それを知ったとき信じられませんでした。


終戦間際、撤退のため生き残りをかけ行軍中、皆が負傷したそうです。

なにしろ味方の日本兵が気が狂ってる者が多数出てきたそうで、

少しの物音で反射的に前の行軍している味方兵士を刺してしまったり、

筆舌に尽くせない状況だったそうです。


敵も味方も昼も夜も一切油断できない状況だったそうです。


負傷兵が、『もう駄目です。』と言った人間は必ず亡くなっていったそうです。

どんなに負傷していても、『あきらめず』に最後尾を着いてきた兵士は生きて日本に帰れたそうです。


神仏を全く信仰しなかった大叔父は隊長であったため、部隊の生き残りの為に、自ら冷酷な決断を下さなければならなかったそうです。戦時下において選択の余地はありません。

大叔父は部隊の為に、そして瀕死の負傷兵の為に、
一突きでトドメを刺しす役目を自ら担ったそうです。

最も過酷な役目を大叔父は1人で担っていたのです。


終戦後、部隊と共に帰国し、ただ一つ分かった事、それが『あきらめ』た人間は必ず死んでいく。『もう駄目です。』と言った人間は必ず死んでいくということだったそうです。

そして、死ぬ気で”あきらめない”で這って着いてきた人間は生還したということです。


大叔父は戦争で深く心と身体が傷付いたその後の余生を世界平和運動に尽力しました。

東証一部上場企業の役員に登りつめた大叔父は、世界平和の祈り、活動こそ至高であるという考えに至ったようです。平和の為に莫大な金額を寄付し祈りを捧げ続け、実際に足繁く海外に出向き平和活動をし続けました。

お金を決して子孫に残しませんでした。「男は、自分で稼ぎなさい。」という厳しい教えです。

お陰で私は若い頃から現在まで経済的に非常に苦労して非常に逞しくなれました。


大叔父は多くの命のやり取りを経験しましたが、終戦後にあきらめずに世界平和運動を命がけでやったのです。
戦地にて白兵戦の修羅場を生き抜いてきた大叔父がたどり着いた世界は世界平和の祈りと運動でした。

戦争の生死を超越した先に、個人のみの救済ではなく、個人人類同時救済である、
五井昌久氏が築いた世界平和の祈りが思考であると結論つけたのです。
大叔父は、世界平和を、大叔父自身(個人、家族)と人類の救われを、決してあきらめなかったのです。


スポーツトレーニングでもあきらめないことは重要です。

『駄目だ。辛い。面倒だ。あきらめる。』と自分で『決めた』時に終了のゴングは鳴り響きます。


『這ってでもやってやる。どこまでもやってやる。』『俺はトコトンノトンのトントンノトンまでやる。』という気持ちを持ち続ければ無限のエネルギーが、知らぬ間に届けられます。


dezeen_Bourrasque-by-Paul-Cocksedge-1.jpg


人生で100点目指して100点取れないと分かると放棄する。


こんなこと貴方の人生にもありませんか?

完璧主義の人ほどこのような思考に逆に陥りがちなのです。


いつでもいつでも完璧な『成果』と完璧な『努力』が出来るわけじゃないんです。


50点でいい。半分も手に入る。素晴らしい。


疲れたら、そこで、一休みすればいい。


濃い目のコーヒー、口に含み、四角い空に語りかければいい。


ホントの星空じゃなくていい。自分の中に『宇宙』が存在しているから。


極端に走らない。これは妥協じゃないんですね。


古くからこれを釈尊は『中庸の道』と説きました。


『中道』でも合ってます。


70点取り続けることが大事なんじゃないでしょうか?その地盤が。


70点取り続けているうちに100点が取れる時も出てくる。


そのうち85点取り続けることができるようになる。


最後には殆どが95点の『成果』と『努力』の日々を過ごすことが出来る筈です。

これこそが本当の完璧主義というものです。

私は完璧主義の先、150%主義を目指したいです。
完璧も完成も100点の100%もありません。

その先を目指し続けるのです。


ウサギとカメなら『カメ』になりたい。

体の不自由な人が口や足で『絵』を描く。


スポーツする。


出来る範囲で最大限をする。


そこに私は『神』の姿を見ます。


80歳の人が生涯学習で何か新しいモノを学ぶ。


ピアノノimages.jpg


素晴らしいと思います。


永遠の生命を考えたときに、新しいものを学ぶのに遅いなんてことはないですね。


人間は老いてからの方が時間に余裕が出てくる。


その時間は『霊界』や次の人生への準備期間です。


それらで得たモノは必ず、『霊界』『神界』に行っても役立ちますし、


また肉体界に転生するときにも本人の潜在意識の中に習得した技術や努力する魂の傾向がしみ込んで生きます。


運動もそうです。


1日15分で、もの凄いトレーニングが出来ます。


体が芯から革新されるトレーニングが出来ます。


運動は『時間』ではないです。『密度』だと経験から悟りました。


15分で昇天できます。その後30分、一切動けません。


『あきらめ』ずに、その15分を創り出すだけで、


一日が変わる。人生が変わる。



親孝行だってそうです。


・・・・・・・・・・・・


でも、決して、あきらめません。


この先何年親孝行できるかわかりませんが、『あきらめない』で精一杯親孝行するんです。


自分の人生の1日のスケージュールの中で『あきらめ』のために無駄にしてた時間は凄く多いです。これが1年の中でも同じことが言えます。


dezeen_Mermaids-by-Marcel-Wanders-for-Moooi-1.jpg


『あきらめ』と『フテクサレ』これは自分の為に一番いけないことだなと本当に痛感しています。『言い訳』をしてたらキリがありません。


何年間も人生が遅れた過去があります。


ただ、こういう個人の『苦悩』もすべて過去世の因縁の解消なんです。


『気持ちの切り替え』を瞬時に行い、ポジティブに前進したいもんですね。


これからの私は違います。


変わります。


貴方も変わってください。


心当たりがあるのなら。


人生を有意義なものにしたいですね。

死ぬ寸前に自らの悪い行いを深く懺悔する。
これだけで死後の世界での救われが断然早くなります。
これも、あきらめない、ということが、いかに死ぬ寸前まで重要かを表しています。


忘れないように、文章にしたかった。


そして、貴方に共感して欲しかった。


今日はそんな精神の“気付き”でした。


有難うございました。



dezeen_Good-ideas-glow-in-the-dark-by-Bruketa-Zinic-and-Brigada_2.jpg



posted by スティーブ高宮 at 18:10 | TrackBack(0) | 強い精神を得る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月01日

「気合」は痛みを凌駕するB

戦国時代の合戦へ向けてのトレーニングは剣術と、そう、「気合」のトレーニングであった。

剣術は勿論、生きるか死ぬかの異常な合戦という場では「気合」がモノをいうのだそうだ。

で、あるからして、物凄い雄たけびを上げて尋常じゃない「気合」を出すトレーニングを積んだ

そうだ。

mv01.jpg

私は思う。

侍達がその尋常じゃない「気合」で討ち死にしていった時、神風特攻隊が戦艦にむけて玉砕して

った時、「痛み」というのはほとんど感じない「神域」とでもいうべき境地に達してたのではないだ

ろうか?

これとは別次元の話だが、人は怒っているとアドレナリンの作用もあり、「痛み」や「恐れ」

を感じにくい。

そして、私自身、『気合』が入ってるとき、肉体的痛みは殆ど感じない。軽減される。

wall-p019.jpg

「気持ちを強く持つ」「気合」。

当たり前でいて、自分自身、もう一度見直したい言葉だ。

そして、今の平和な日本に感謝しなければならないと思う。

日本人は、「平和を世界に発信する」という、重要な役割を持っているからだ。

善人よ、強くなれ


人気ブログランキングへ
posted by スティーブ高宮 at 16:58| 強い精神を得る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月30日

「気合」は痛みを凌駕するA

なぜ「気持ちを強く持つ」と良いのか?

それは同じ過酷な状況でも、感じ方が、「辛い」から「キツいけどイケる」若しくは「何でも来い」くらいに変わるから。

例えば、大きな岩山があったとする。その中心部に金塊が埋もれている確かな情報を得た。

貴方は徹夜で全力でその岩山をハンマーで粉砕し、金塊に辿り着く。

アントロープキャニオン.bmp

極限まで体を全力で使い果たすだろう。息もゼイゼイに上がるだろう。汗も大量。筋肉はパンパン。

でもその時に「辛い・・・」って思うだろうか?

いや、思わない。

自らの超強力なる意思と希望で全力で岩山を粉砕しに掛かっているからだ。

「辛い」なんて気持ちを忘れている。

「確かにキツいっちゃ、キツいけど、まだまだイケる。やるしかない!絶対に金塊を得る!」

岩山を粉砕し終わり金塊にたどり着くまで、休憩を挟むかもしれないが、エネルギーは決して尽きることを知らない。

自ら求めて困難に立ち向かう時、人は、「辛い」とは思わないし、感じない。

無我夢中で攻めるだけ。

そして、「強い気持ち」を持つ事で困難を乗り切れるだけのエネルギーが不思議と与えられる。

f0050534_653781.jpg

もしこの岩山が大ヒット漫画(アニメ)の「カイジ」などのような強制労働の現場で現場監督にムチを持って嫌々徹夜で金塊に辿りつくまで、ハンマーで粉砕作業しなければならないとなうとどうだろう?

誰だって「辛い」し、「逃げ出したい」に決まっている。

でも百歩譲って、この岩山がそのカイジの強制労働の現場だったとして、貴方はこう思う。

「しょうがない。やるしかない・・そうだ・・本気でやればそれはそれは強靭な肉体が手に入れる事ができるだろう・・体を鍛えるのだ・・よし、全力で鍛えよう!」

と思う。

するとこの強制労働の中でさえも、活路を見出し、自ら求めて困難に立ち向かう為、すでに「強制労働」ではなくなっており、「辛い」なんてことは感じなくなるだろう。たとえ、「過酷」で「キツい」という事実は変わらないとしても。

be268501.jpg

「辛いよ・・逃げ出したいよ・・」って思いながら何かと闘うって最高に辛いよね・・

「気持ち」さえ強く持てば精神的にも、肉体的にも全然変わってくるから不思議だよね。

一度、その時に「気合」で「体」と「気持ち」を奮い立たせて沸騰させればその後は常に全力出さなくてもいい。その流れで突破できる。

瞬時に覚悟を決め、腰に力を入れる。

その後は厳しさが5レベルとしたら8レベルくらいの「気持ち」で乗り切れる。

一度、思いっきり奮い立たせよう!




1126uglydog.jpg

人気ブログランキングへ
posted by スティーブ高宮 at 17:28| 強い精神を得る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「気合」は痛みを凌駕する@

「気合」。

まあ、もう、使い古された、当たり前すぎの言葉ですね。

しかし「気合」こそすべてですよね。

もう一度、深く、考えてみましょう。

flex2.jpg

例えば、貴方が、空手をやっていて、今日は体調が悪い、休みたい、

でも、貴方は道場に「押忍」の精神で行ってしまったとする。

でも「気持ちが弱いまま」行ってしまった。

「・・・ちょっと待てよ・・今日の合同稽古いつにも増してキツい・・というか辛い・・・

相手の打撃がいつもより痛い・・休めば良かった・・帰る訳にはいかない・・どうしよう・・」

こんな日、こんなシュチュエーションって人生にはある。

そんな時、貴方だけは違います。

なぜならば貴方には「気合」があるから。

その日の稽古の肉体的精神的激しさが8レベルであったとします。

貴方は9.もしくは10の「気合」を発揮するんです。その段階で。

「とことんのトンまでやってやる!俺は全力を出し切るんだ!俺のエネルギーは無限だ!

気絶しようがどうなろうがやってやる!やりきってやる!」

って貴方は思うんです。

すると逃げ出したかった稽古が全然こなせる精神状態になりました。

何かが「辛い」とか「逃げ出したい」って状況が世の中には急にあるもんだよな・・

そんな時、瞬時に気持ちを強くもち「何でも来い!どこまででもやる!全然まだまだ余裕!」

って思ってください。思うだけで不思議と乗り切れるエネルギーが沸きますから。

bcde99dc.jpg

だから昔の人は「気合」の重要性を説いたんだね。

ここで「気合」という漢字は気が合うと書いて・・・というウンチクは無い。

気持ちを強く持てば肉体的な痛み、精神的な痛みはほとんど無い!

痛みはあったとしてても「辛く」はない。「気合」が上回っていれば。

素晴らしい!

反論は絶対に認めない!

以上!



人気ブログランキングへ
posted by スティーブ高宮 at 16:24| 強い精神を得る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする