2012年03月13日

<<伸び>>それは宇宙の秘法Z〜第四の伸び〜




それでは、宇宙究極の神技〜第四の<<伸び>>を公開します。


第4の伸び.jpg


1.安全な床の上に立つ。

2.息を大きく吸う。

3.柔軟体操の『前屈』の要領で手を伸ばし上半身を地面に向けて垂らしこむ。手が地面に付く瞬間にさらに手を伸ばし上背に連動させて<<伸ばす>>

4.伸ばすのは『脚』ではなく、『上背』であるため、脚は微妙に曲げてて良い。

5.息を止めたまま気が済むまで<<上背>>を意識して、柔軟体操のように上半身を揺ら揺ら地面付近で上下させる。

6.充分の伸びたと思ったら上体を起こして息を吐き、<<伸び>>の終了とする。

注意事項

必ず安全な床の上で行ってください。見た目は『前屈』でも呼吸法を伴った究極の<<伸び>>ですので、思いっきりやってキマると前屈中に地面が震度5くらいにグラグラ揺れて感じ外から見たらただの『前屈』ですが、本人は倒れこんでしまうほど効果を発揮してしまうときもありますので角などに頭をぶつけないように充分に配慮して行ってください。


この第4の<<伸び>>はブルーカラーの肉体労働の現場であれば外でも出来ますし、ホワイトカラーの方もまあ人目をはばかってもらってから、休憩中に屋上ででもやれば全然違和感ないんじゃないでしょうか。

すべての<<伸び>>は一年に一度、7年間に渡り、7回、宇宙から降ろされました。

第3の<<伸び>>後ろでんぐり返しが強烈に効く<<伸び>>でこれ以上のものはないと思っていたのですが、どうしてもまだなにか上背に対して物足りないと感じるようになりました。

そして、降ろされたのがこの第4の<<伸び>>です。したがって夜寝る前に第3の<<伸び>>ででんぐり返り、『眠気物質』を<<伸び>>の圧力により加熱をして、ジェルバターの固体からドロドロの液体への融解をおこない、物質の状態変化、それに伴う、力学的エネルギー保存則による『反応熱』が発生し上背と脳がポカポカに暖められ、同時に『眠気物質』がドロドロに血中に溶解され、その溶解されるからこそ溶け込むように眠気の世界にすんなりと入っていけるのですが、

(眠たくても眠れないときは『眠気物質』が空気泡とともに血流を遮断しジェルバター状の固体となっているため、全身に血流による酸素供給が出来ず結果心拍数を上げて対応しようとしているため。)

そこでどうしても第4の<<伸び>>前屈を心地よい眠気の中でさえ、やりたくなってしまいわざわざこれから眠りに落ちるのに布団の上で起きてこの『前屈』の<<伸び>>で上背の『眠気物質』をさらに融解し、血中に溶解させたくてしょうがなくなるものなのです。そういう時に行うとかなりキマってしまい地面が震度5くらいで揺れている錯覚を起こすほど意識が遠のきます。ただの『前屈』ではないのです。

伸び-意識-威力-パス明レベcb-sea-side-mind..png


寝る前に行うのが睡眠時間を短縮するための肝心です。
そして、起床時、起きて朝食でも食べた後にまた<<伸び>>をすることにより 『眠気物質』の残りカスを完全に除去します。

宇宙究極の<<伸び>>すべてに共通していえますが、自分が本気でやろうと思えば思いっきり息を吸い込み止めて思いっきり力いっぱい<<伸び>>の動作を行えば、『気絶』に近い状態に持っていくことができます。

私はこの<<伸び>>により引き起こされる『気絶』に近い状態が何万回と7年間やりこんだ結果、『危険』ではないと確信したから公開します。何万回とやりこんでただの1度も心臓・呼吸器系に異常を感じたことがありません。また『気絶』したまま意識が30秒以上戻らなかったこともありません。

ただし、意識が遠のき変な倒れ方をして角に頭をぶつそうになったり、結構荒い倒れ方をして体を痛めたことはありますので、年配の方は特に柔らかい広い床、もしくは布団の上で行ってください。

『気絶』するかしないかは、3つの禁、改め<<4つの禁>>をしているないかしているかに起因します。

<<4つの禁>>とは、射精禁、タバコ禁、酒禁、コーヒー禁(カフェイン禁ですが、とくにコーヒー)です。このうちの一つでも頻繁に嗜好する人は間違いなく『気絶』しやすい体質であるといえます。この4つの禁を完璧に行ってる方は<<伸び>>をして行き着く理想の体質にすでにある方ですので、<<伸び>>をしても体が『気持ちいい』とも感じないくらい普段から血液がサラサラで脊髄に『道管空洞』もなければ『眠気物質』もたまらない人です。睡眠時間も短いでしょう。

ただし、宇宙究極の<<伸び>>において、『気絶』に近い状態に陥ることは、一度の<<伸び>>で物凄く<<伸び>>効果が発揮されたことを意味しており、むしろその状態を目指して私は<<伸び>>をしています。

そして、一日に気が済むまで宇宙究極の<<伸び>>を何十回も行い、何十回も『気絶』に近い状態を経験し、それを何ヶ月何年と続けると『気絶』しにくい体質になります。逆に<<伸び>>をしても意識が遠のかないので寂しくなったりもします。

ただしやはり<<4つの禁>>を行うのが一番強力に健康に良いという私の中での結論になります。

第7の<<伸び>>を1ヶ月半後に公開しますが、あまりにも強烈に『気絶』するほど効果が凄まじいので今のうちに何百回と今まで公開した<<伸び>>を行い体を順応させてください。

またすべての方はすべての<<伸び>>を自己責任の下に行ってください。

これからは記事は2週間に一度の更新となります。それだけ濃い内容になります。
しっかり何百回と練習し体得してください。

また始めての方は<<伸び>>シリーズを1から読んで下さい。



Swiming-pool-Design-Modular-House-in-Madrid-by-A-cero-Architects.jpg




いつもクリック頂き誠に有難うございます。







posted by スティーブ高宮 at 01:38 | TrackBack(0) | <<伸び>>それは宇宙の秘法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月03日

<<伸び>>それは宇宙の秘法Y〜第二の伸び〜

<<第二の伸び>>は非常に原始的かつ直感的であります。

私の提唱する<<伸び>>は<<呼吸法>>と共にやってこそ効果を発揮するのだし、基礎をしっかりやって下さい。

何事も基礎の土台がしっかりしていないと発展的なことをやったときについていけないし、その<<凄さ>>が理解できないのは皆様方も共感するところだと思います。

ピカソ.jpg


ピカソが、昔、幼少から若い頃は写実的な絵を沢山描き、その繊細な筆遣いは模写の最先端をいっていていました。

しかし、その後、ピカソはご存知の通り、おかしな構図の絵を多く描き、世にそれが評価され、歴史に名を残したのです。

写実的な基礎の上に構築される一見無秩序な幼稚さの中に、計算された幾何学の真の芸術が秘められていたのであります。

ピカソはそれを見抜く眼力を持つ買い手側の芸術への<<到達度>>を要求したのでありましょう。

つまり、何事も『基礎』が大事なのであります。

そして、私の宇宙究極の<<伸び>>を理解できるか、できないか、本質を見抜く貴方の<<到達度>>に掛かっているのでありましょう。

そして、第7の〜伸び〜をいつか公開しますが、これが本当に発展的な<<伸び>>であり、他の<<伸び>>と比べても絶大な威力を発揮します。

ただし、他の第6までの<<伸び>>をやっていない人間がこの第7の<<伸び>>をやれば、効果が凄すぎてどうなるか分かりません。多分、気絶するか、まったく良さが分からず忘れてしまうか、どうなるか、とにかく、突然やっていいはずはないし、基礎をやってない人間に第7の〜伸び〜をご紹介しません。
また、残念ながら初めての方にドモホルンリンクルをお売りすることはできません。

しっかりと脊髄のとくに頚椎、延髄から『眠気物質』を除去する感覚を身に着けてください。



       宇宙究極の7つの神技〜第二の伸び〜



第2の伸び.png



1.立ち上がって大きく息を吸う。

2.息を止める

3.手を上に上げて思いっきり<<伸び>>をする。

4.なるべく意識が遠のくまで<<伸び>>を続行する。

5.遠のいたら脚に来るのでなるべく踏ん張らずに敷き布団かベットに倒れこむ

6.息を吐いて<<伸び>>を終了とする。

注意事項

この伸びは、3つの禁のうちどれかでもやってないと結構、意外と意識が遠のく人が多いはずです。
遠のきだすと一気脚から力が抜けてノックアウトと同じ状況で地面に倒れこむこともありますのでかならず机などの角のない安全な寝室のベットの前か敷き布団の上で行ってください。


私自身は、この<<伸び>>は家でパソコンしていてなんか眠くてだるくて頭がボーっとしてきたな、とか、同じく家で夕食後にボーっとしてちょっと横になりたいとか、というタイミングで立ち上がってたまにやります。

7つの<<伸び>>の中ではそんなに使用頻度は高くないですが、いろんなバリエーションがあることでいろんな刺激が得れ、この<<伸び>>が効かないときは他の<<伸び>>というようにその時、コンディションによって効く<<伸び>>効かない<<伸び>>がありますのでバリエーションの一つで体で覚えておいてください。

そして、自分のお気に入りの<<伸び>>を見つけてください。
人によって生活習慣、背骨の生理曲線も微妙に違いますから。

次回は、2週間後になります。
毎日やって練習してください。




Sobrino-House-6.jpg


いつもクリック頂き誠に有難うございます。
posted by スティーブ高宮 at 01:03 | TrackBack(0) | <<伸び>>それは宇宙の秘法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<<伸び>>それは宇宙の秘法X〜睡眠のメカニズム〜

まず、初めて読む方は<<伸び>>それは宇宙の秘法〜眠気物質〜から読んでください。

睡眠images.jpg


人間の睡眠の7割は脊髄を中心とした射精、タバコ、酒により形成される『道管空洞』に『眠気物質』がたまることで眠くなり必要になる、

『眠気物質』により延髄、頚椎の結構がシャットアウトされて引き起こされる脳の酸素不足に起因すると私は結論つけるのだ。

残りの3割のみが純粋に『脳』による睡眠であり、この『脳』による睡眠は人によって個人差が生じるが1時間から3時間寝れば完全に終了となる。

そして、残りの7割の『眠気物質』に起因する睡眠は、私が提唱する宇宙究極の〜伸び〜を一日に何十回でもやりたいときに気が済むまでやることにより完全に除去でき『0(ゼロ)』まで解消できる。

つまり、『眠気物質』を<<伸び>>で完全除去しさえすれば、睡眠時間は『脳』が純粋に必要とする1〜3時間で済んでしまうのである。

実際、私の今までの友人知人で毎日1時間睡眠という何事においても天才的な能力を発揮する凄い人もいたし、全然、普通の人で毎日1時間半睡眠の人間もいたし、朝晩2回の肉体労働で毎日2時間睡眠の人間もいたし、数えだしたらキリがない。

多分、そういう人間は活動的なので、仕事をしてる最中に『眠気物質』が自動的に除去される体質が形成されているものと私は推測してきた。

私自身MAXにコンディションがいいとき、<<3つの禁>>、射精、タバコ、酒をまったくしないときは眠気物質が溜まる脊髄の導管空洞がそもそもほとんどなくなってきているために<<伸び>>と組み合わせて毎日3時間の睡眠が実現できているのである。

dezeen_Radioactive-Control-by-Luzinterruptus-1.jpg


皆さんも経験あると思うが、9時間はガッツリ寝る予定で寝て3時間で意外と目が覚めてしまった。
脳はもうスッキリしてて起きたいのだが、上背にまだ何か『眠気物質』が溜まっている・・・

こんなとき起きると、かなら3時間後くらいに上背(脊髄)『眠気物質』が脳に廻ってきてやはり再び眠くなる、「やはり睡眠不足だったか・・・」となる。これは経験してるはずでしょう。

しかし、そもそもこの9時間寝ようとする寝る前もしくは、昼間の生活の中でに宇宙究極の7つの<<伸び>>を徹底的にやりこんでいれば、3時間の『脳』の純粋に必要な睡眠時間は必要だが、

もう寝る前に既に上背(脊髄)の 『眠気物質』は殆ど除去されているので、3時間で『脳』がスッキリ目覚め、上背にモヤモヤした『眠気』を感じずに、起きても一日中スッキリと生活できる。

もし、起きて『眠気』が襲ってきた場合は<<伸び>>でその都度除去していく。これに尽きる。

また、適度な運動で血行をよくすることも自然に眠気物質を除去することにもつながる。

私が何の話をしているか、まったく検討の付かない人間は<<伸び>>シリーズ1から読んでいってほしい。そして、何度も読み返して欲しい。

※睡眠に関する話は私の長年の実体験に基ずくフィーリングの話であり、医学的根拠は一切ございません。ご了承下さい。


dzn_Vitra-by-Herzog-de-Me.jpg


いつもクリック頂き誠に有難うございます。
posted by スティーブ高宮 at 00:08 | TrackBack(0) | <<伸び>>それは宇宙の秘法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月25日

<<伸び>>それは宇宙の秘法W〜第三の伸び〜

本日、皆様方に公開させて頂くのは、宇宙究極の7つの神技
〜第3の<<伸び>>〜です。


dezeen_Church-of-Seed-by-O-Studio-Architects_1 (1).jpg


※始めての方は必ず<<伸び>>シリーズのTから順に読んでいってください。

第2の<<伸び>>は原始的かつ直感的なので次回お伝えします。

第3の<<伸び>>は、私が6年前くらいに宇宙から降ろすことが許されたものであり、

私が7つの<<伸び>>の中でもっとも気に入っている<<伸び>>の一つです。

当時は、この<<伸び>>を手にした段階で宇宙究極の<<伸び>>が完成したと思いました。

しかし、光の存在の教えは常に厳しく、闇の者達は常に甘い誘惑をするものです。

その後、宇宙究極の<<伸び>>が完成するのに一年に一つずつ<<伸び>>が降ろされ、合計7年掛かった。

そして、<<伸び>>は、私の睡眠時間を約3時間減らしてくれました。

さらに3つの禁(射精禁・タバコ禁・酒禁)を完璧に行っているとマイナス3時間、

だいたい最高のコンディションで毎日3時間睡眠が実現できています。

3つの禁の実行状況により波がでます。(寝る時は寝ます。)

慢性疲労も解消してくれ、いつもやる気に満ちた体内環境にしてくれました。

とても『強力』な威力を発します。

第3の<<伸び>>は、起床時と就寝前には必ず敷き布団の上で行います。

一日に最高70回くらい行ったこともあります。それだけ気持ちよく半気絶でき、
衝撃的に『眠気物質』が分解除去されます。

この第3の<<伸び>>はスッキリ寝付けて、スッキリ起きるために必須です。

体でこの第3の<<伸び>>の威力を分かっているからです。

それでは、公開します。

その前に、私が宇宙究極の<<伸び>>の開祖であり、
言うなれば、皆様方の『師範』であり、

皆様方は<<伸び>>の初級、白帯でありますゆえに、

私のように7年やって行き着く『仙人の領域』には皆様方はございません

故に、諸君らには、第3の<<伸び>>初心者バージョンから公開する。

コレだ!!

第3の伸び初心者versionオレンジ.png


このようにでんぐり返しで足をつけましたら(足が地面につく人はつけてください。)

この犬のように足に泥がついているとすると壁にキレイな半円模様が出来るように左右に足を振ります。

足が左に振ったときは足は壁沿いに地面に着地し、中央のときは壁の30cmくらいの場所、右も地面に着地といった感じです。

左に足を振ったときは、左上背の『眠気物質』が圧力で加熱融解し、その後すぐに左脳に酸素が行き渡るのを実感できます。右は右上背と右脳です。

このように肉体は右は右、左は左でリンクしています。

一時期、私は左の上背と左脳だけが、反応が良くて、左だけ癒されて、右がまったく反応しないときがありました。左半身だけ眠気も疲労も筋肉痛も完全に癒されて右半身は疲労したままなのです。
そういう状況も長年やりこむと解消されていきました。

私は6年間で何万回とやりこみました。

最初は鍛えに鍛えた私ですら上背の深部のインナーマッスルが筋肉痛でこの第三の<<伸び>>が出来なくなる日もよくありました。

しかし、3ヶ月もやればこのような完成された第3の<<伸び>>に皆様方も行き着くと思います。

完成された、宇宙究極7つの神技〜第三の<<伸び>>〜

宇宙究極の第3の伸びグリーン.png



1.床で体育座りをして、息を8割ほど肺に吸い込む。

2.体育座りのまま、背中の曲線を利用して、後ろにでんぐり返しをする。手は足に付ける。

3.足が地面、または壁に着地したら、息を止めたまま深く奥に真っ直ぐと押し込んでいく。

4.足を頭を基点として、左右に移動していく。(中央→左→中央→右→中央)

5.全体で10秒から20秒ほどでもう充分と感じたら息を吐き、伸びを終了とする。

6.終了する際は、また元の仰向けに足を戻して終了となる。



※注意事項

4つの禁(射精禁(男女共)・タバコ禁・酒禁・カフェイン禁)が完璧に出来ていない人間が大半であると思いますが、それプラス、コーヒーなどのカフェインを沢山飲む人、これら4つのいずれかに当てはまる人は、

この<<伸び>>を呼吸法と同時にやった際に、一時的に意識が遠のく、または最大20秒ほどの気絶をする場合もあると思われます。

しかし、これらは私が何万回と繰り返してきた<<伸び>>であり、私も上記の4つの状況により、よく意識が遠のきますが、これはとても気持ちいいものであり、コンディションの悪い時で15秒くらいボーっと意識が遠のき、または、『夢の最初の部分』を見たり、私の祖母の説教などの声が頭の中から鳴り響き気が付くことも多々ありますが、意識を失ったまま『気絶』するということは何万回やりましたが、一度もありませんでした。最大で20秒ほどだと思います。

むしろ意識が遠のく人、遠のくコンディションの時ほど<<伸び>>は威力を発揮します。

私の7つの<<伸び>>はキマるとすべて意識が遠のきます。
大きな声では言えませんが、まったく苦しくなく快感です。

意識が遠のいた際に『眠気疲労物質』が熱く加熱され血液中に溶解されていき<<伸び>>の疲労回復効果が達成されます。

そして<<伸び>>をする際は常に上背を燃やし『眠気物質』を血液中に溶解する
イメージを頭に入れ行ってください。

伸び-意識-意識-パステル-シャープ-修正sea-side-mind..png


何千回と繰り返すうちにだんだんと意識が遠のくことが無くなっていきます。
意識が遠のく快感が懐かしくなり、同時に寂しくなります。

このようなコンディションになったときにはもう慢性疲労もまったく解消しており、

睡眠時間も3時間減少していると思われます。

ただし、意識が遠のく際に、頭などを角にぶつけますと大変『危険』ですので

すべて自己責任の上で行ってください。

また意識が遠のくのは、肺に血液が集中するための脳の一時的な貧血が一つと、その後、急激に今までの塞がった血流が通るため急激に脳に酸素が満たされるために、意識が遠のくのであり、心臓、肺、呼吸器などは瞬間的に快調に向かうのが実感でき、今まで一切、<<伸び>>の最中に機能不全を感じたことはありません。

第3の<<伸び>>に関しては、床で行いますので頭をぶつける心配はないのと
動作が非常に楽で力を全く使わないことから、
私はとても気に入っている<<伸び>>の一つです。

すべての7つの<<伸び>>に共通していますが、日中眠たくてどうしようもなくなったときに、場所が許すならば、どれか一つの<<伸び>>さえすれば仮眠をとる必要が全くなくなります。

眠たい際に15分仮眠すると5時間は眠気がこないで生活を続行できるというのはあまりにも有名な話で私もよくそうやってましたが、<<伸び>>はこの15分仮眠と全く同等の威力を発揮し続けてくれています。

さすがに外でこの第3の<<伸び>>は出来る場所が無いと思います。7つの<<伸び>>の中には人に<<伸び>>をしていると悟られない<<伸び>>も在ります。それらは本当に外の生活では有効になってきますので乞うご期待ください。

宇宙究極の7つの<<伸び>>は、やった直後に、皆様方も感じるはずですが、滞っていた血流がもの凄い勢いで流れ出し、瞬時に心臓がプクっと反応し、血流の弁の動きが軽くなる感覚を味わえます、とても快活で、同時に、肺に無数にある『肺胞』がもの凄い勢いで拡張され、一呼吸で肺の隅々まで吸えるようになるため、

喘息(ぜんそく)、心臓の不具合、動脈硬化や高血圧や脳梗塞や心筋梗塞の症状の予防、改善に非常に有効であると私は感じています。

さらに、冷え、むくみ、肌荒れなどにも同様に血行が改善されるため有効であると推測します。

私自身、10代の頃、走るとたまに心臓に原因不明の痛みを感じました。
そして、喘息で生死の境を彷徨ったこともあります。

これらすべて一切完治しました。

私は<<伸び>>が大変有効に働いたと考えていますが、効果には個人差があります。
そして、これらが治ると謳っているわけでもありません。

そして、私が提唱する<<伸び>>の効果は全て医学的に証明されたものではありません。

効果がある可能性を感じているまでです。

ただし、そういった病気、症状の方が<<伸び>>で改善されることを願い、公開していきたいと思います。

皆様方も宇宙究極の7つの<<伸び>>でより一層健康で快適なライフスタイルを実現しましょう。




Home-With-Infinity-Pool-Swimming-Pool1.jpg




いつもクリック頂き誠に有難うございます。
posted by スティーブ高宮 at 20:40 | TrackBack(0) | <<伸び>>それは宇宙の秘法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

<<伸び>>それは宇宙の秘法V〜第一の伸び〜

宇宙究極の7つの<<伸び>>の第一の<<伸び>>を公開します。

図で示します。
第一の伸びライト.jpg


一番初歩的で皆さんも知っているだろう『伸び』である。だが基本が重要だ。

この『伸び』すら忙しいと人間は忘れてしまうものである。


1.ベットや床に横になっている睡眠前、起床後に行う。

2.大きく息を吸う。止める。

3.下記の図の通り体をひねりながら手は上へ、脚は下へと精一杯力を込めて引き伸ばす。

4.気持ちよくなり、充分に伸びたなと思ったら息を吐いて終了する。

5.これを左右体の向きを変えて行う。

(全ての<<伸び>>はいつも体をひねりながら。そして左右、角度を変えて行う。)


これをとりあえず次回までひたすら『入眠前』と『起床時』に行っておいて欲しい。

『入眠前』にやることにより眠気物質をドロドロに溶かしておくことで睡眠時間の大幅な短縮が成される。
これは本当に画期的で凄いことである。それを体感して欲しい。
そして、『起床時』に『眠気物質』の残りカスを極めつけの<<伸び>>で血液中に溶解除去する。

第一の<<伸び>>は原始的で基本であり<<呼吸法>>を加えても驚くべき効果は発揮しないだろうが『睡眠物質』の概念は体で理解できるはずである。

そして、次回からの<<伸び>>はより効果が凄まじいのでこの基本の<<伸び>>を体得してないでやると意識が遠のき『気絶』まではいかないが、素人には『危険』であるためしっかりと基礎としてやっておいて欲しい。

約7年間、何万回と<<伸び>>を繰り返し、『気絶』したことは一度もないが、第2〜第7の<<伸び>>は上手くキマってしまうと最大20秒ほど意識が遠のき『夢の最初』をみることも多々あると思われる。

だからこそ強烈に『効く』のである。『安全性』は私が何万回と身を持って確認してきたのだから公開するのだが、特に上記の4つの禁(射精・酒・タバコ・カフェイン)を禁欲していない者は効きすぎてしまう可能性がありますので、

すべての方は必ず自己責任で行ってください。

そして、心臓・呼吸器系に持病をお持ちの方は担当の医師にご相談の上、行ってください。

過去に一度、喘息を体験し、また、中学生の頃、走ると度々心臓が痛くなった経験を持つ私は、7つの究極の<<伸び>>が肺胞を拡張し、血流の滞りを解消する為に心臓・肺に非常に有効に働くと感じてきました。

しかし、科学的に証明されたものでは一切ございません。そこをしっかり理解して無理せず徐々に安全な範囲で行ってください。私はむしろそのような症状の方達の役に立ちたいため公開します。そして私自身、喘息(肺)、心臓の痛みなど一切が完璧に解消されている現在があるからです。

しかし、それらの症状・病気が治ると謳っているものではありません。個人差があります。

今日の第一の伸びは誰もが知っている『伸び』に呼吸法を加えただけなので何も心配することはありません。朝晩やればこれだけで凄まじい効果を実感し続けられると思います。

この基礎が何度も言いますが非常に重要であり、7つの<<伸び>>をマスターした後でも、
かなりの威力を発揮し続けます。

そして、検索で来た方はこの第一の<<伸び>>が『基礎』であると理解した上で
<<伸び>>シリーズ1から必ず読み直してから、次章を読み進めてください。


<<伸び>>を学びたい者、健闘を祈る。

次回に続く。






Moliner-House-7.jpg
posted by スティーブ高宮 at 10:00 | TrackBack(0) | <<伸び>>それは宇宙の秘法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。